FC2ブログ

2011.06.01 (Wed)


窮鼠の菅、猫を噛めず

今日の党首討論から

今日の党首討論でも菅首相の担当者能力が皆無であることが更に明らかになった。
谷垣自民党総裁は不信任案提出に腹をくくったのかまずまずの出来であった。

それに対し、逃げの姿勢の菅首相は・・・

菅首相
「何か色々谷垣さんも何かの本を読まれたところの受け売りかもしれませんが・・・」


こういう意味のない挑発をするだけでも菅首相の首相たる資格はない。


「少なくとも一次補正について、国債発行をしないでやったという事もそうした国債マーケットをきちっと視野に入れて考えて提案したわけで・・・」


どうしてこの場に及んでも自慢話をしたがるのだろうか。
いずれ国債発行は必至であり、なんの自慢にもならない。

菅首相は浜岡原発の停止要請をしたからと言って原発を否定したわけではないと言い繕ったが、その時の谷垣氏の反論は甘かった。
浜岡原発の停止は周到な計算で行ったのではなく、反原発の動きにいたずらに火をつけただけであった。
今のままで行けば、来年3月には原発は全て止まってしまい、電力供給に大問題が生じ、国内の企業が海外に移転して空洞化してしまうという点を指摘してもっと肉薄すべきだった。

谷垣
「昔、竹下総理が『汗は自分でかきましょう、手柄は人に譲りましょう』といつも言っていたが、あなたはその逆で、『手柄は自分で取りましょう、汗は他人に掻かせましょう』だ」


浜岡原発の停止要請やその他の見せ場は海江田経産相がやる予定だったのに、自分が横取りしていいカッコしいした事はみんな知っている。
政治空白は菅首相の責任であり、菅首相が与党である民主党を掌握できていないと最後に谷垣氏が批判すると・・・


「ご指摘の点は重々承知している。しかし小沢元代表はいま自民党がもっとも厳しく批判している4Kについて基本的にそのままやるべきだと言っている。私たちはマニフェストは見直すべきだと言っている。その意味で、野党が戦術・戦略を使うのは十分理解できるが、少なくとも国民の皆さんには政策的な軸がどこにあるのか、軸が無くてそういうものを政局にだけ使おうとしているのか、そこを国民の皆さんは見ている。ここはなんとか与野党の合意を得て大震災の復旧・復興そして原発事故の収束を国会が一丸となって取り組むという事を是非勇気ある野党の党首として、谷垣さんに要請して私からの意見とさせて頂く」


自民党はマニフェスト修正せよといい、自分も見直すつもりだが、自民党はマニフェストを死守する小沢氏を利用して不信任案をだすのはおかしいではないかと言いたいらしい。
しかし、小沢派が造反することを自民党が戦術としているわけでなく、その意味で政策的な軸はぶれていない。
民主党が勝手に党内の権力闘争に明け暮れているだけである。
今夜から明日に掛けて賛成派の切り崩しだの締め付けなどの内ゲバは激しくなるだろう。

菅氏は何かというと「国民のみなさんが」と言って国民を盾にしようとしているが、卑劣である。
国民はもうあなたを見限っているのだ。

谷垣
「党内の事は党内で片づけて下さい。野党は野党としての行動を取ります」

この最後の谷垣氏の捨て台詞は良かった。

【付記】どうでもいいことだが、質問する谷垣氏の後方に立って一々反応を示す猪口邦子議員の姿は目障りだった。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:38  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1579-d9fbe4e6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |