FC2ブログ

2011.05.31 (Tue)


江田法相、解散総選挙になるぞとブラフ

解散総選挙せよ

江田法相が選挙になったらお前たちのほとんどが戻ってこれなくなるぞと脅迫して不信任案に同調する勢力を牽制した。
民主党が国民に愛想をつかされたという現状認識は正しい。
しかし、そこに大きな自己矛盾がある。


産経ニュース(2011/05/31 15:02)
江田法相、不信任可決で「選挙は当然だ」

 江田五月法相は31日昼、菅直人首相のグループ「国のかたち研究会」の会合であいさつし、「選挙を経て政策をきちんと提示して政権交代をした。これ以上の正当性はない。それが違うとなると、国民に信を問うのは当たり前ではないか」と述べ、内閣不信任決議案に同調する構えを見せる党内の勢力を牽制した。
 その上で「仮に一部に不信任案に同調する動きがあったとしても圧倒的な力でこれを葬り去る。本当に真剣に考えていただきたい」と呼びかけた。


「選挙を経て政策をきちんと提示して政権交代をした。これ以上の正当性はない」というが「きちんと提示した政策」すなわちマニフェストが絵空事で何一つ実施できないと分かった今となっては、マニフェスト詐欺であり、政権交代の正当性は完全に否定されたのである。

第一、かくのたまう江田法相の存在そのものが違法に近い。
議長経験者は通常入閣しない。しかし菅首相の異例の指名で議長の権威は失墜した。

この男、昨年6月に「強硬な国会運営」を理由に自民党が提出した江田議長不信任決議案を、自分の特権で本会議を開かないという異例の措置で廃案にした。異例ずくめであり、「史上最低の議長(脇雅史参院国対委員長)」である。

世論は解散総選挙に反対のようだが、今こそ看板の挿げ替えではなくて解散総選挙で民意を問うべきである。
かつて民主党と反日マスコミは自民党が選挙の洗礼を受けずに首相の盥回しをしたとあれほど騒ぎ立てたではないか。

東日本大震災と原発事故を理由に解散総選挙を遅らせるべきではない。そんな事をしたら亡くなった方達が浮かばれない。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:08  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1572-a0974906

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |