FC2ブログ

2011.05.23 (Mon)


不毛な党首討論

菅首相の強弁を崩せぬ谷垣総裁

今日の国家基本政策委員会 合同審査会での党首討論を見た。
一言でいえば、谷垣総裁の質問は甘い。
腹にドスを呑んだヤクザのような凄味が無い。
菅首相に政府の予算に賛成しない自民党は国民の事を考えていないと反論された。
菅首相に自民党政権時代の昔話を長々とされて、当時は「丸呑みと言われたが、民主党の予算案がよかったから呑んだ」などとお人好しなことをいう谷垣総裁。

しかし、つくづく思ったが内容の問題ではない。
菅首相は谷垣総裁の質問にも答えず逆質問をしていた。
完全に舐められている。
外交問題では日露外交を問われて、過去の歴史を長々と喋って時間稼ぎする菅氏。
一方、谷垣氏は中国と韓国の対日態度についてはまったく触れずじまい。
ここに谷垣氏の限界がある。

公明党の山口代表の弁舌は谷垣氏に比べて遥かに優れている。
冒頭、菅首相の「協議をしない自民党のせい」という居丈高な姿勢は一国の総理の姿勢とは到底思えないと厳しく批判した。
これに対し、公明党を抱き込みたい菅氏は山口氏に対しては谷垣氏に対する姿勢とは打って変って低姿勢だった。
鳩山前首相と菅氏は米軍の抑止力を否定しているのではないかと山口氏は指摘。
民主党政権になって、日米関係はもとより、強硬姿勢を取る中国とロシアとの外交関係が悪化したことを鋭く批判し、国民は民主党政権になってから国益が失われているというコンセンサスを持っていると締めくくった。

議場の声援と拍手も谷垣氏よりも山口氏の方が多かった。
後方に見えた稲田朋美議員も谷垣氏よりも山口氏に対する拍手の方が多かったように見えた。
菅氏は本格的な論戦をする気などはさらさらなく、単なる言葉遊びと誰でも知っている時事解説で時間稼ぎをするだけ。
政権延命のための自己弁護と自己防衛のための反撃をしているに過ぎず、それをビシリとやっつける弁舌も迫力もない谷垣氏の限界を知らしめる討論であった。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:07  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1559-39b98691

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |