FC2ブログ

2011.05.21 (Sat)


日中韓首脳会議と被災地を利用する菅首相

菅首相は国益を主張できるか

今日から2日間にわたって日中韓首脳会議が行われる。
政権の延命しか頭にない菅首相はこの会議と東日本大震災を延命の道具にしようとしている。
最初、この会議の開幕式を福島でやろうと中韓に持ちかけたが断られて東京でやることになった。
中国共産党の機関紙は「日本はみみっちい計算するな」「首脳会議を利用するな」と菅首相を痛烈に批判した。
中国政府もお見通しなのである。

温家宝首相と李明博大統領は菅首相との被災地訪問を渋々了解したのは18日だったという。
菅首相は両氏が被災地を訪問することを手放しで喜んだ。

「温首相、李大統領ともに被災地に入ってお見舞いをして頂けることになり大変にありがたい。関係がより良いものになっていく大きなステップだ」

と菅首相は18日の記者会見で手放しで喜んだが、まったくお人好しと言うかバカというか、反日の二国のパフォーマンスに利用されるだけではないか。
菅首相が両国の首相と大統領を利用してパフォーマンスを狙う一方で、両国も自国向けにアピールしようとしている。
日本に帰化した石平氏は「温首相のナミダ作戦にご用心」と産経新聞(5月20日付)で書いている。
中国では災害になると温家宝首相が被災地に飛び出して行き、独裁政権の情の深さをアピールしようとしている事を知らぬ者は居ない。胡錦濤の強面(こわもて)と温家宝の温情との絶妙の連係プレイである。

中韓が自国民へのアピールを計算して首脳会議に出席するのに対して、日本の菅首相は何を主張するのか。
中国には尖閣衝突問題を、韓国には竹島問題と韓国議員の北方領土訪問計画を問題として突きつける度胸はあるのか。
私たちはこの首脳会談の成果を厳しく分析評価しなければならない。


産経新聞(2011/5/20)
「温首相の『ナミダ作戦』にご用心」
中国問題評論家・石平氏

 日中韓首脳会議では、中韓首脳が被災地を訪問し、避難住民を「激励」する。仕掛け人は中国の温家宝首相で、キーワードは「尖閣」だ。昨秋の中国漁船衝突事件で、日本国民の対中感情はいっそう悪化した。
 西太平洋制覇という長期戦略を進める中国にとって、日本の対中警戒感の高まりは戦略推進の大きな障害となる。温首相は、避難住民を激励する映像が流れるように仕掛け、日本人の警戒心を解くことを狙っているのだ。
 さらに隠された意図もある。米軍の「トモダチ作戦」が大きな成果を挙げ、日米同盟は強化された。だが、米首脳はまだ被災地を訪れていない。中国で「映画スター」との異名をとる温首相はおそらく、被災者の手を取り、涙を流す“名演技”で、何とか劣勢を挽回したいと考えているのだろう。得意の「ナミダ作戦」には用心が必要だ。(談)


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

10:51  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1554-83a7ea71

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |