FC2ブログ

2007.11.22 (Thu)


入国審査と指紋採取

指紋採取と在日特権

20日、全国の空港の入国審査で指紋採取と顔写真の撮影が始まった。
スパイ防止法も無い日本では外国人犯罪が急増するなか当然の措置である。
ところが、日弁連や人権団体が「犯罪捜査に際限なく利用される恐れがある」「差別だ」と批判しているという。
弁護士は被害者よりも犯人を弁護するとはいうものの、日弁連の反日姿勢は変らない。
日本にテロリストが潜入しても構わないというのか。

また日本人と「特別永住者」は事前に指紋を登録し、自動照合するという。

「特別永住者」とは在日外国人とりわけ大多数を占める朝鮮半島人のことであり、在日特権がミエミエである。
かつて在日は右手人差し指の指紋採取を差別だと言って騒ぎ、朝日新聞も応援して、日本政府は指紋捺印を廃止した経緯がある。しかし、韓国では10本の指の指紋を取っている。

1968年に金嬉老という在日が寸又峡の温泉街で人質を取って立籠もった事件があった。
刑事が「朝鮮人を人種差別したからだ」と嘘をついて「民族差別の被害者」として英雄に祭り上げられ、韓国では映画まで作られたが、韓国に仮釈放で帰国した時、10本の指の指紋を採られた。
その指紋のお陰か、人妻と不倫に落ちて邪魔な亭主を殺して捕まった。
永住在日の犯罪者を優遇する理由は朝日新聞社が懸命に宣伝して回った「強制連行」や「創氏改名」や「植民地支配」にあるらしい(高山正之氏「日本人が勇気と自信を持つ本」の要旨)


GOO質問状
「在日特権とはほんとうにあるのでしょうか」

回答
「・・・また、このURLが、あの在日系ヤフーに載っていて、削除されないところを見ると、この本に書いてあることは、本当のことなのでしょう。
「ザ・在日特権」
http://blogs.yahoo.co.jp/nipponko2007/8510687.html

と、旧ブログのエントリーが参照されていた。
在日特権は許してはならない。

ランキング参加中です。よろしければクリックを!
   ↓***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

13:12  |  -朝鮮半島  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/153-c52b47c5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |