FC2ブログ

2007.11.19 (Mon)


進まぬ徳育の教科化

安倍晋三元首相の肝入りで発足した「教育再生会議」がジリ貧になっている。
是非はともかく「教育バウチャー制度」は流れ、徳育の教科化も危ぶまれている。いいポイントを突いていた「親学」も消えてしまった。

10月23日の第9回教育再生会議の議事要旨をみると、浅利慶太氏のみが徳育の重要性を訴えているが、大方の反応はいまいちである。


浅利慶太委員
「教育再生会議で最も重要なことは徳育の強化である。ここはどんなことがあっても強調したい。
以前から、城山三郎氏や塩野七生氏などが徳育の必要性を言っている。
教科書について議論があるようだが、一流の作家たちが集まって、物語を作り、教科書にし、子供たちに教えたい。モラルの教育は絶対の過大として取り組みたいことを福田総理にも申し上げておきたい」


浅利氏の言うとおりだ。
ただし、「一流の作家」といえばノーベル賞受賞作家の大江健三郎も入るかもしれないので、沖縄戦の集団自決は強制されたなどととんでもない捏造教科書を作られることは真っ平御免である。
何も新しいも物語を作らずとも、世の中には沢山の徳育の教材となる書物が転がっているではないか。

シンクロナイズド・スイミングの小谷実加子さんが浅利委員に賛同しながらも「ソフトボールの宇津木さんの(いじめの)実体験に子供が感動していたとから、スポーツを教育に取り入れるいいタイミングだ」などとトンチンカンなことを言っている。
「思いつきの垂れ流しのような放言が多いことから、この会議そのものが無責任な素人の井戸端会議に過ぎないという批判が多い」(Wikipedia)と悪意のある解説をしている。

委員の中には中嶋嶺雄先生や葛西敬之氏(JR東海会長)などの優れた論客もいるので、無責任な素人集団とは言い過ぎである。

しかし、政府・与党内では徳育の教科化に否定的な声が高まりつつあるというのが何とも解せない話である。
公明党の浜四津敏子代表代行が福田首相に「教科化には反対」と福田首相に直談判したというから恐れ入る。
教祖様の教えと違うとでもいうのか、理解に苦しむ。

子供に道徳を教える自信のないダメな教員ばかりというのが現状だろう。
教科化すれば教科書や教員用の手引書も出来るので教員も戸惑わなくて済むという情けない現状もあるらしい。
点数では評価できないとか枝葉末節をあれこれ論議することより、親殺し、子殺し、いじめなど退廃した道義心を如何にしたら教育で回復させることが出来るかを真剣に論議すべきである。

特攻隊員の手記を読む、靖国神社に参拝する、教育勅語を朗読する、二宮金次郎の銅像を校庭に建てるなどといえば右寄りだといわれるだろうが、みなさんはどんな教材が頭に浮かぶだろうか?

第9回教育再生会議議事要旨
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouiku/dai9/9gijiyousi.pdf


産経新聞(2007年11月19日)
教育再生会議 VS. 中教審 綱引き
徳育の教科化 現在"補習中"


 学校での「徳育」の教科化をめぐって、政府の教育再生会議(野依良治座長)と文部科学相の諮問機関である中央教育審議会(中教審)が激しい綱引きを演じている。中教審が結論を先送りしているのに対し、6月に教科化を提言した再生会議側は来年1月予定の最終報告とりまとめに向け、教科化を一層強く打ち出して巻き返しをはかる構えだが、着地点は見えていない。(酒井充)
 
福田内閣発足後初めて開かれた10月23日の教育再生会議の総会で、委員の浅利慶太氏(劇団四季代表)が徳育強化の必要性を強調した。
 再生会議にとって徳育の教科化は、6月の第2次報告の柱に位置づけたことで一区切りついた課題だったが、再度てこ入れを図っている。
 というのも、平成23年度から実施予定の次期学習指導要領に向け、来年1月をめどに最終答申をまとめる中教審が、10月の中間報告で、徳育の教科化についてあいまいな表現にとどめた経緯があるためだ。
 「心の問題」につながる徳育の教科化が迷走する背景には、従来の教科が①数値による評価②教科ごとの教員免許(中学校以上)③検定教科書の使用 の3条件を必要としている点にある。
 再生会議内では、教科化にあたり評価のあり方についても点数ではなく記述式を導入する案などが浮上。

だが、公明党の浜四津敏子代表代行らが今月16日、福田康夫首相あてに徳育の教科化に反対することを直談判するなど、政府・与党内には教科化について否定的な意見が広がりつつある。

 これに対して、再生会議の委員の一人は「教科書がない現在の道徳の授業で指導に悩む教員も多く、教科に位置づけたほうが指導方法を確立しやすい」と力説する。
 肝心なのは徳育で何を教えるかだが、第2次報告は「ふるさと、日本、世界の偉人伝や古典などを通じ、他者や自然を尊ぶこと、芸術・文化・スポーツ活動を通じた感動などに十分配慮したものが使用されるようにする」と指摘している。


道徳教育は必要だと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:10  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/151-0a667868

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |