FC2ブログ

2007.11.17 (Sat)


弱腰政府は国民を裏切った

弱腰日本よ何処へ行く

国民の知らない間に、政府は中国に対して妥協した東シナ海ガス田開発の外交を進めていた。

EEZ圏内の海域は日本の領土であり、中国との共同開発はありえないとしていたにもかかわらず、秘かに、共同開発を認めていたのだ。

しかも中国に「試掘するなら軍艦を出す」と脅かされていた。
ブラフに負けたという事だ。
なんとも情けない話ではないか。
しかも「日中関係に強いとされる福田首相の初訪中で具体的成果を確保する」ためだという。

どこを指して「日中関係に強い」というのだ。
単なる媚中政治家ではないか。
日中関係に強いならば、このような手土産の必要はあるまい。

安倍政権がマスコミに謀殺されてからますます日本は衰退の道をたどって行くようだ。

福田弱腰政権はNOだと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2


産経新聞(2007年11月17日)
中国「試掘なら軍艦出す」 
中間線日本側でも共同開発 東シナ海ガス田、政府打診


 東シナ海ガス田開発をめぐる日中共同開発案について、日本政府は、中国側が「白樺」(中国名・春暁)ガス田を含めた日中中間線にまたがる海域での共同開発に応じるのであれば、中間線の日本側の一部での共同開発を認めることを打診していたことが16日、分かった。14日の局長級協議で中国側に明言した。協議ではまた、日本側が協議の停滞を理由に試掘を示唆した際、中国側が「そうなれば(中国海軍は)軍艦を出す」と発言していたことも新たに判明した。
 これまで政府は、中間線から中国側にあるガス田での共同開発を求めており、中間線の日本側は日本の排他的経済水域(EEZ)のため共同開発を認めていなかった。
 協議で日本側は、中国が領有権を主張する尖閣諸島周辺と日韓大陸棚周辺は国家主権にかかわるとして開発対象から除外する方針も伝えた。
 政府が中間線の日本側での共同開発の一部容認にかじを切ったのは、中間線付近の海域で日本側が軟化姿勢を示すことで、中国から譲歩を引き出し「日中関係に強いとされる福田康夫首相の初訪中で具体的成果を確保する」(自民党筋)ねらいがある。
 こうした中、町村信孝官房長官は16日、中国の崔天凱駐日大使と首相官邸で会談。年末以降で調整中の首相訪中までに問題を決着させたいとの意向を表明。崔大使は「共に努力し、早期に妥当に解決する誠意と決心を有している」と述べた。
 温家宝首相が今年4月に訪日した際に発表した日中共同声明では、「今年秋までの共同開発の具体的方策の報告」が確認されている。
 共同開発海域で合意が得られれば、両国は一定期間同海域での境界線画定を棚上げし、(1)開発費を両国が半額ずつ負担する(2)産出される天然ガスなどの権利を双方で折半する-などの内容で2国間協定を結ぶ方向だ。ただ、中国側は「係争海域は日中中間線と(中国が主張する境界線の)沖縄トラフの間だ」との姿勢を崩していない

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

15:34  |  -支那  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/150-c7ac0c60

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |