FC2ブログ

2011.04.19 (Tue)


反日マスコミはパチンコ・自販機を擁護

節電より廃止・撤去に如くはなし

石原都知事はいつものように過激な言葉で誤解を招きやすいが、日本人の消費生活における我欲とそれに乗じた供給側の過剰サービスを批判しているのである。
どなたかにコメントを頂いたように、歩いてみて自販機の多さに呆れるのである。
最近、潰れたパチンコ屋をよく見かける一方、駅前の一等地はパチンコ屋が占拠している。

フジテレビ「とくダネ!」(2011/4/19)
自販機 知られざる節電
ピークカット機能の秘密


タイトルからして「私たちは知らなかったが、実は自販機は節電に努力しているのだ」という自販機擁護の姿勢を示している。
実は数日前の反日NHKで同じような番組をやっていて、自販機業界だか自販機連盟とかの偉い人が節電に努力しているのだと自己宣伝していたのに違和感を覚えたばかりである。

今朝の「とくダネ!」も節電をめぐって石原都知事と蓮舫節電啓発担当大臣が大バトル中だが、パチンコ屋は節電に努力しており、自販機にも「知られざる節電機能」があると解説していた。
パチンコ業界のマルハン新宿店では空調電力を3分の1節減し、店内照明も3分の1落として営業していると店長がインタビューに応じていた。
昨年の電力の20%削減しているというが、いくら節電しようが存在そのものが問題なのである。

一方、自販機メーカーは、東京電力管内に87万台ある飲料自販機の内部のコントロールボックスのピークカット機能で、7-9月の午後1時から4時迄の3時間は冷却機能を停止して、毎年20-25%の電力をカットしているという。
真夏の真っ昼間にぬるくなった缶ジュースを飲んだ覚えはないので俄かには信じられない話だが・・・
いったん停止した自販機を再起動した方がかえって電力を食うということをいう人も居る。
自販機全体の使用電力を25%カットするかわりに自販機の台数そのものを25%カットすればいい話ではないか。

町の声は自販機はそんなに要らないという石原支持派が居る一方、「喉が渇いた時、買えないと困る」という若者がいる。
小倉智昭キャスターによれば、昨日の東京新聞に・・・

自販機のピーク時の消費電力は福島原発の0.5機分
パチンコは関東圏内だけでも福島原発の1.8機分
合計2.3機分の電力を消費している


と書いてあったという。
事実だとすれば恐ろしい電力消費量である。
石原都知事が止めちまえという気持ちが分かる。

小倉智昭
「石原知事が『こんなに自販機があるのは日本だけだ』というけど、アメリカ人に言わせると『日本は羨ましい』そうだ。アメリカでは盗まれるから自販機は置けないという褒め言葉だ」


話が違う。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:41  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1484-cdc14f96

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |