FC2ブログ

2007.11.16 (Fri)


ニッポンが恥?

ニッポンが恥?

前エントリーでは新刊書「ニッポンの恥!」をご紹介した。
語呂合わせのようだが、続いて「ニッポンが恥?」をテーマにしたい。

沖縄戦での集団自決は日本軍が強制したという「証拠の無い史実」が教科書に復活しようとしている。
これは米下院で可決された「従軍慰安婦謝罪要求」とまったく同じ類の運動である。
いずれも日本が悪い→「ニッポン人である事が恥」だと思わせたい勢力の陰謀である。

日本の中学生や高校生を修学旅行に韓国に行かせ、自称「元従軍慰安婦」を前に土下座させている写真を見た時は慄然とし、怒髪天を衝く思いをしたことがある。

同様なことは、中国への修学旅行でいまだに行われている。
産経新聞の「やばいぞ日本」はご承知のように現在の日本があらゆる面で危機的な状況にあることを報告した秀逸の連載コラムだが、昨日も中国の「南京大虐殺記念館」で若い学生たちが「日本人であることが恥ずかしい」と思う情景を報告して居る。


鹿児島の県立高校生の感想文
「日本人が中国人にどれだけひどいことをしたのかがよく分かりました。どのパネルも悲惨なものばかりで目を覆いたくなりました。特に山積の死体の写真や日本兵が首を切ろうとする直前の写真が印象に残りました。同じ日本人として、絶対に許されるものではなく、とても恥ずかしく思いました」

「あまりにも無惨な写真を1枚1枚見ていくごとに、涙があふれでていた。私と同じ日本人が、中国人に対して人間のすることじゃないことをしていたなんて。私は彼らと同じ日本人であることが恥ずかしかった。それに、あんなひどいことをした私たち日本人に対して、優しく接してくれる中国人の偉大さに驚いた」


胡錦濤がほくそ笑んでいる顔が見えるようである。
このような考えをもった高校生が大人になる頃には、李鵬に言われずとも間違いなく日本は消えてなくなっているだろう。

鹿児島県議会は修学旅行先から南京大虐殺記念館を除くべきだと議決したが、いまだに訪れているという。
一部の教員が「南京で平和教育が出来るから」ということで「平和教育」という殺し文句で反対できないという。一部の教員というが、間違いなく日教組の赤い教員であろう。

このようなことが許されていいのだろうか。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/101914/

平和教育に名を借りた自虐教育は許せないと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

12:22  |  時事雑感  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/148-365c825e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |