FC2ブログ

2011.04.05 (Tue)


プロ民主たちが菅総理批判

田勢康弘氏と堺屋太一氏の二人が民主党政権に対して苦言を呈していた。

テレビ東京「田勢康弘の週刊ニュース」(2011/4/2)

堺屋太一
「その時(堺屋氏が閣僚の時代)、閣僚は安全保障のメンバーとして非常事態の手順を学んだ。
今度見てると、この内閣ではそんな事を考えてもいなかったと思う。だから、まず情報、次に飲料、食料、医薬を送ってというような非常事態の対応を菅さんは習ってなかったじゃないか。
菅さんはいろんな会議や本部を作るが全体の大きなバランスを考えているのかと疑問だ


そういえば、民主党はいろいろな名前の会議を開いているが何にも決まらないと週刊誌に載っていた。

田勢康弘
「今日(4月2日)、菅総理は昨日私が訪れた陸前高田市に行ってるんですけども、前の日の地元の雰囲気は、まったく歓迎ムードゼロでしたね。『何しに来るんだ!』みたいな、そういう雰囲気でしたね


テレビメディアはそんな被災地の雰囲気を全然伝えていない。

菅総理の復興プランは相変わらずその言動と同じで、「世界モデルにする町づくり」などと上滑りでお調子ものである。

●復興会議を立ち上げ
●今月中に一次補正予算を国会に提出。 
   ●瓦礫の処理、仮説住宅
   ●雇用確保、産業復旧の準備
●世界モデルにする町づくり
   ●山の高台に住居、漁港まで通勤
   ●地域暖房を完備したエコタウン
   ●福祉都市構想


この思いつきプランに対して、堺氏は、これも大事だが日本の経済・産業・輸出の問題をしっかり考えろと批判していた。
国民(被災者)の受けを狙って大風呂敷を広げてしまう所がマニフェスト詐欺の民主党らしい。
国家戦略室はいったい今、何をしているのか。まったく看板倒れの組織と担当者である。

堺屋氏は・・・
「高齢化で日本の文化や華やかさが失われている。復興のためには大いに消費が増え、世の中が明るくなり皆が元気に楽しくなる事も考えるべき」

と言っていた。
高齢化で華やかさが失われたとは思わないが、元気に消費を増やすためには政治への信頼が無ければならない。
復興財源を得るために与謝野馨経済財政相や谷垣総裁が増税を言い出すようでは、消費者は財布の紐を締めるだけだ。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

12:17  |  東日本大震災  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1452-83fa531c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |