FC2ブログ

2011.03.29 (Tue)


TBSと毎日放送が政権批判を封じ込め

毎日放送とTBSが日本の危機を理由に現政権の批判を封じ込めようとしている。

ももいちごさんからのコメントによれば、「神のみぞ知る」と妄言を吐いた横浜5区選出の池田元久経産副大臣を毎日放送は擁護しようとしている。

「毎日放送のちちんぷいぷいでは 今、こんな揚げ足を取る質問をする磯崎議員がおかしい!腹が立つ!と皆さんコメントしていました。司会者は 「そんな質問されたら神のみぞ知ると答えるしかない!」とのこと。民主党応援団はこういう解釈になるようです」

TBSでも読売新聞の記事に、今は民主党政権を批判している時ではない。事が収まってからやればいいと杉尾秀哉氏らが政権批判を牽制した。

TBSと杉尾氏は民主党を支持し政権交代に一役買ったが、民主党政権のあまりの拙劣さに最近は時折、民主党批判をするようになった。
しかし、今回の大震災を「奇禍として」また民主党政権批判を封じる発言が目立ってきた。

TBS「朝ズバッ!」(2011/3/29)
商売仇の読売新聞の記事を紹介して・・・

読売新聞(2011/3/29)
斑目委員長発言 首相視察『勉強したい』 
地震翌日 野党「初動遅れに影響


政府の原子力安全委員会の班目春樹委員長は28日の参院予算委員会で、東日本巨大地震発生の翌12日に菅首相が東京電力福島第一原子力発電所を視察したことについて、「首相が『原子力について少し勉強したい』ということで私が同行した」と明らかにした。 班目氏は「現地で首相が行ったことで何か混乱があったとは承知していない」と述べたが、首相の「勉強目的の視察」が初動の遅れにつながったとの批判が野党などから相次いでいる。
(以下略)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110328-OYT1T00732.htm 

杉尾秀哉
「それは野党の指摘であって因果関係はわかりません。枝野長官が説明した所によると、出発する前からベントを開けて排出するという話はしてあったと言うんですね。こういう記事は確かに大切ではあるんですけども、やっぱり政府の対応のどこがまずかったのかの検証の作業は確かに大事だと思います。だけど、今はその段階ではなくて、今そこに危機があるわけだから、この危機をどういう風にして脱出するんだという具体的な提案をした上で、この危機的な状況をとにかく止めること。その後で総理の責任なり、政治の責任をちゃんと検証したいと僕は思います」


なんだ枝野官房長官の言い訳を代弁しているだけではないか。

高木美也子(日本大学教授)
「私もほんとにそうで・・・とにかく今のこの危機的な状況、世界に原発があると言ったけど、日本がこういう状態になったら、全部やっぱり世界が(原発を)止めなくちゃならない結果になるので、とにかく最悪の事態をいかに回避するかということだとほんとに思いますね。世界の頭脳を結集してもらいたいし、あらゆる出来ることをして止めてもらいたいですね」


初動の遅れ、被災者への曖昧な指示、フランス政府からの協力の申し出を最初拒否したこと等々、政府の判断ミスと指導力欠如を指摘することは被災者のためでもあり、何ら憚ることはない。

池田健三郎(経済評論家)
「火が消えてからそういう話はした方がいい」


火が消えたら消えたで、あなた達は野党の政権批判の火を消そうとするではないか。
政府は裏切り者の共産党を仲間に入れて、子供手当のつなぎ法案を通過させた。
6か月の延命措置をして何とする。
子供手当を復興予算に回すという自民党の方が正しい。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:28  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1437-c7a11bea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |