FC2ブログ

2011.03.29 (Tue)


非常時に垣間見える民主党政権の限界

被災者救援会議で責任の押し付け合い

戦後の混乱から奇跡的な復活をしたのは日本人のバイタリティの故ではあるが、優秀な官僚の働きも忘れてはならない。
しかし、民主党応援団の屋山太郎氏をはじめとする「官僚は悪」の論法で政権交代が行われ、政権を握った民主党は早速、政治主導と称して官僚を排除しようとしたが、官僚の助けがなければ仕事が出来ず、結局自民党政権時代を上回る官僚依存政権になった。
しかも、うまく官僚を使いこなすことが出来ず、権威を笠に着て威張り散らしたりするので官僚も面従復背して遣り過ごすことになり、生産性は富に落ちている。

そんな中、大臣が官僚や民間事業者を怒鳴り散らして責任を押し付ける現象が多発している。

TBS「朝ズバッ!」(2011/3/29)
被災者救援会議 責任の押し付け合い


アナ
「原発問題をめぐり、政府内で責任の押し付け合いが行われているようです。
昨日、片山総務相はあまりにも無責任だと官僚を非難しました。松本龍防災相を議長に2日に一度のペースで開かれている被災者支援各府省連絡会議。昨日は大荒れになったといいます」

片山総務相
「もっと自分の問題として対応しなきゃ駄目だ。あまりにも無責任ではないか」

アナ
「片山総務相が非難したのは、東電を指導監督する経産省の松永次官。問題となったのは福島第一原発事故で屋内退避エリアになった市町村に原発の状況をどのように説明するかという点です。松永次官は原子力保安院長が『2週間かけて説明する』というと、片山総務相は『2週間は長すぎる。2日で回らなくちゃダメだ。各省一所懸命にやってるんだから次官が説明に行け』。

また松本防災大臣が『県外に避難している被災者への炊き出しを東京電力も行うべきだ』と主張。
松永次官が『東電の動きを把握していない』と言うと、松本大臣は『次官が知らないことが大問題なんだ』と厳しく非難したということです。

先週のこの会議では、仙谷官房副長官も『計画停電は場当たり的ではないか』などと松永次官を叱責したと言います。


事務次官の会議は政治主導という名のもとに一旦廃止されました。今回、被災者会議支援のために復活した格好ですが、ある省の幹部は『責任の押し付け合いの会議ばかりでは被災者は助からない』と指摘しています」

優秀な官僚をうまく使いこなせない成り上がり議員たちが互いに責任を押し付け合いながら右往左往している様子が窺われる。
こういう問題に目をつぶって与野党が一致協力して事に当たれというのは、民主党政権延命のための暴論に過ぎず、被災者のためにならないのは言うまでもない。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

20:51  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1435-30e193f3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |