FC2ブログ

2011.03.29 (Tue)


問われる菅首相の危機管理能力

手嶋龍一氏が原発事故の危機について菅首相の危機管理能力の欠如を厳しく指摘した。

日本テレビ「情報ライブ ミヤネヤ」(2011/3/28)

手嶋龍一(ジャーナリスト)
「原子炉の心臓部に問題があるのは間違いない。だとすれば、それを大前提にしてちゃんとした危機管理を行わなければならない。(しかし)誰が責任を持ってやっているのか、実は分からない。海外から心配の声が非常に多いのは、まさにその点だ。だから、『東京電力が・・・』などと政府関係者が言うが、意味がない。そういう危機管理の大元の所が、これほど事態が進んでいるにもかかわらず、きちんと我々の目に見えるものではないという事が一番大きな問題だ」

手嶋氏はNHKのワンシンン支局長だった頃は、現地からよくレポートしていたが、クビを振りながら弱々しく喋る様は何かオネエっぽくて(失礼!)気持ち悪かった。いまや本も書き、国際ジャーナリストとして自信を持って日本政府の危機管理が心配だと批判している。

手嶋
「安全審査をしている原子力関係の教授たちは、安全管理のルールを作った人達だ。今回はその想定を超えてしまった。だから、その方々のコメント自身に大きな疑問があると言わざるを得ない」

宮根誠司
「保安院や東電の会見でも、1000万倍だ、いやそうではなかった。ヨウ素が出た、いやヨウ素ではなかったと現場も大変混乱していて知識のない我々は余計に不安になるが・・・」

手嶋
「今起こっている事象は、目の前の危機だけではなくて、その危機にどう対処しているのか、その情報をどんな形で世の中に伝えて、的確にコミュニケーションしているのか、そのメカニズムが壊れている。つまり誤りも含めて膨大な情報の中からこれは確からしいのでいち早く国民に知らせなければいけないというシステムがもう壊れている。それが海外から見て不安だということだ」

手嶋
「『避難』というのは大変問題な言葉だ。これほどの危機に於いては、国のリーダーである内閣総理大臣が自らの責任で、『避難してください』と言い、その結果責任を負わなければならない。避難できないお年寄りもいる。ここは責任を回避してはいけない。今回の危機全体を通じて言えることは、誰が最終的な責任負うのか。リーダーは結果責任だ」

海外からの救援物資が受け入れ側の不備で有効活用されていないという事実について・・・

春川
「受け入れ態勢が整っていなかったので、一部では、日本が受け入れる国を選んでいるのではないかという話まで出ている」

手嶋
「第一原発についてちゃんとした危機管理が出来ていないという事とまつたく同じ現象だ。誰かが最終責任を負って調整しなければならないリーダーシップがない事に世界は不安を抱いている。そういう中で日本の人達のもこれほど苦難の中で、自分の事はともかく助け合うといいう武士の精神に賞賛の声は極めて高い。このギャップはあまりにも大きい

災害ボランテイア担当辻本清美首相補佐官は一体どこで何をしてるのか。
世界の賞賛を浴びる賢明な日本人と、リーダーシップのない政権とのギャップは確かに大きい。

デーブスペクター氏は"What do you need most?"(一番必要なものは何ですか?)と一面トップに見出しをつけた Stars&Stripes 紙を示して米国の援助を紹介していた。
今日本で一番必要なものは総理大臣であるとジョークのひとつも言いたくなる。

自衛隊と連携して支援を展開している在日米軍の活動がようやく詳細に報じられるようになった。
オペレーション・トモダチについて・・・


宮根
「あらためてアメリカという国は凄いなと思う。スピードも量も」

手嶋氏は「デーブは自分の国だから言えないので代わりに自分が言うが」と前置きして、原子力空母ロナルドレーガンを派遣したのはアメリカの首脳陣には大変大きな狙いがある。それは日本の指導者たちの危機管理にかなり本音で不安を持っておりいざとなれば世界の危機なので自分たちが出ていくと。オバマ大統領は大変心配していると思うと述べた。

それはそうだろう。評価の分かれる小泉純一郎元首相だが・・・


「アフガン戦争ではインド洋で補給活動をし、イラク戦争ではどの国よりも早く『支持』を表明し、自衛隊をイラクに派遣。このとき小泉純一郎首相(当時)は、くしくも『有事に頼れるのは米国だから支持する』と語っている」(ワシントン 佐々木類記者 産経新聞3月27日)


それに対し、自衛隊のイラク派遣に反対し、インド洋の給油活動に反対して海自を撤収させたのはどこの政党だったか。「自衛隊は暴力装置」の仙谷氏や「自衛隊は被災地救難には役立たず」の辻本清美氏が政府の首脳陣に収まっているようではオバマさんも不安だろう。
これは原発問題だけでなく、中ソのとのパワーバランスも含めて言えることだ。

戦後最大の危機(菅首相)に遭遇して、民主党政権がいかにダメ政権であるか、民主党がいかにダメ政党であるかもはや民主党を選んだ賢明な諸君の目にも明らかになってしまった。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

01:21  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1433-2a89eb10

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |