FC2ブログ

2011.03.22 (Tue)


民主党の人災だ

佐藤正久議員(自民党)緊急事態公布を要求

22日の参院予算委員会で髭の隊長・佐藤正久議員も質問に立った。

佐藤正久(自民党)
「自衛隊は最初から地震・津波と原発は別系統でやっている。政府はその切り分けが甘かった。特に松本環防相と海江田経産相の顔がなかなか見えにくいという意見もある。
民主党政権に好意的な朝日新聞でさえ『官邸は原発対策に忙殺されて地震・津波対策が後手に回った』と苦言を呈し被災者からは『首相や官房長官の発言が原発に片寄りすぎている』という意見もある。
官房長官はもっと本来の総合調整役に専念して地震津波災害対策は松本防災担当大臣、原発対応は経産大臣に棲み分けたらどうか」

野党に組織と運営の欠陥を指摘されている。

佐藤
「5つの対策本部があり、役所との関係もわからない。屋上屋を重ねているという意見もある。具体的に言えば、20キロ30キロ圏内の担当はどこの部署がどこの役所と連携を取っているのか」

郡山から先は放射能の風評被害で車が止まってしまうので、100キロも離れた被災地からドライバーと危険物取扱いの資格を持っている者をつけて来いという事が発生している。いまからでも遅くないから災害対策基本法に基づいて災害緊急事態の公布をせよと迫ったのに対し・・・

小滝 晃内閣府参事官(防災担当)
「緊急事態の布告は国民の権利義務を大きく規制する非常に強い措置であるので適切な判断が必要だ」

と拒否。
国民が苦しんでいるのに、法律を盾に「国民の権利・義務」を主張したのにはあきれた。さすがは似非リベラリスト!
そして自衛隊に物資を運んでもらっているから(問題ない)と答弁したのにもあきれた。

被災者が「情報の伝達にラジオを活用して欲しい」と言っているがとの質問に・・・


小滝
「現地では色々な問題が起きている。混乱もしている。ラジオが必要ならば緊急物資として輸送することは可能だ。常日頃ラジオを活用するようにと防災局内部でも日頃から啓発している。今後一層強化充実して行きたい」

佐藤
「完璧にずれている。ラジオを通じて情報を発信することで、ラジオを配ることではない」

被災者が「政府はラジオで情報を流してくれ」と要望していることはPonkoでも聞いていてすぐ分かった。

小滝
「ご指摘の趣旨を踏まえて適切に対処して参りたい」

こんな役人では日本は潰れる。いやもう潰れかかっている。
政務官も答弁していたが、Ponkoの記憶違いでなければ、民主党は多数の党員を政務官にして党費を節約していると問題視されていたことがある。

佐藤議員は防災活動に自衛隊の主力が割かれている事、松島基地の災害(18機のF2が水没など被害甚大で防空体制が取れない)現状を答弁で引き出していた。
それでなくとも自衛隊の予算は毎年カットされている。被災者の救済は勿論の事、同時に国防予算も緊急に手当てしなければならない。
子供手当などのバラマキ4Kに回す金などないのである。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

20:55  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1422-981380b3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |