FC2ブログ

2007.11.11 (Sun)


小沢氏迷走にアメリカの影?

小沢氏迷走にアメリカの影?

小沢民主党代表が渡辺読売新聞主筆の仲介に応じて福田首相と党首会談を行い、大連立に一旦は合意した裏には米国からのプレッシャーがあったという説がさらに強まっている。

確かに参院選で圧勝した小沢氏は自信に溢れ、シーファー駐日米大使を晒しものにして公開会談を開き、テロ特措法の延長を拒否した。
あまりにも思いあがった行為であった。

しかし、小沢氏がアメリカの虎の尾を踏んだという説には注意しなければならない。
朝日新聞はアメリカの共和・民主両党の外交専門家の日本に対する「穏やかな警告」を取り上げていた。
インド洋上の海自の給油活動はアメリカの軍事活動、それもイラク戦争への援助だという野党の主張を支えるようなもので、アメリカ圧力説も国際貢献という自民党の主張に水を差すための風評づくりと言えないこともない。

ましてや、小沢氏が仕えた田中角栄氏がロッキード事件で失脚したことと思い合わせれば、話としては実に面白く、説得力を増してくるからである。

小沢氏の国連盲信主義は昔からのことであり、大連立の話しに食指を伸ばしたのはあくまで政権の座に対する欲望のなせるわざだと解釈したほうが無難であろう。

アメリカからの圧力で大連立に合意したが、迷走の末、やはりテロ特措法延長に反対する立場に戻ったとするならば、小沢氏は英雄になってしまうではないか。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/99639/

小沢氏の国連信奉はおかしいと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:36  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/142-8cbdd189

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |