FC2ブログ

2010.02.17 (Wed)


米国債保有高、中国を抜いて日本が再びトップに

独裁国家に敵わぬ民主主義国家

国債の保有高で、日本が再び中国を抜いてトップになった。
日本の各紙は事実をそのまま報道しただけで、コメントは一切なし。
親中派は中国が米国債を大量に買い続け、米国をコントロールするまで成長したが、日本は中国に遅れを取ったと言っていたがこのニュースをどう受け止めるのか。

中国が米国の国債を売り飛ばして米国に圧力を掛けるのなら、日本も負けずに米国債を売り飛ばして米国に圧力を掛ければと思うのだが、中国と違って自由経済の日本の場合は民間の機関投資家や金融機関が市場原理に従って投資行動するわけだからままならぬ。
いま、バンクーバー冬季五輪がたけなわだが、中国やロシアが好成績を上げ、やはり勝負事は全体主義の独裁国家が強い。
ああでもない、こうでもないと議論百出の民主主義の国は、強権的に国を統一し、ひとつの方向に持っていく国には敵わない。
スポーツの世界と同様に、経済の世界でも中国は政治力で混乱させる力をつけた。
独裁国家は早く崩壊してもらわねば、世界の厄介者だ。
ドバイショックに続いてそれ以上の上海ショックが近いという噂もある。一刻も早くバブル経済が破綻して一党独裁国家の終りを告げて欲しいものだ。


「宮崎正弘の国際ニュース早読み」(2010/2/17)
日本は「やっぱり信頼できる同盟国」? 米国債保有ナンバーワンに返り咲いて
中国はなぜ342億ドルの米国債をだまって売り抜けたか?


 米財務省は09年12月統計での外国の米国債保有リストを発表した。
なかでも中国が342億ドルを売り抜けて保有を劇的に減らしたことが明るみに出たため債券市場に少なからぬ衝撃を与えた。
「動機は政治的圧力に決まっている」とするアナリストは米国に多い。
チベット、人権、台湾への武器輸出、そしてグーグル問題と米中間に立て続けにおきた難題解決のため北京はワシントンへ圧力をかける政治的武器にした(アルジャジーラ、2月17日)

 米財務省が国別の米国債保有の詳細を発表したのは16日、英国フィナンシャルタイムズなどは、この「事件」を大きく報じた(17日付け)が、日本のマスコミは反応が鈍い。英誌FTは「中国が昨年師走に342億ドルもの米国債を売却したのは、ドル下落傾向を見込み、同時に米国の予算の赤字が肥大化することをふまえての行為だろう」とした。

(中略)

▲中国は政治的意図で市場を攪乱する実力を身につけた

 中国が340億ドル分の米国債を市場で売り抜いた同時期に日本は110億ドル分を増やしたため、世界一に返り咲いたのだが、おりしもワシントンで始まったチャイナ・バッシングの風に乗って、「やっぱり日本は鳩山反米政権と雖も同盟国なんだ」という妙な解釈もまかり通っている。
 市場の現場から言えば、日本が購入しているとは言っても、それは政府ではなく、民間の機関投資家であり、金融機関であり、つまりは金利が安くて魅力ある投資対象が日本国内にない限り、資産運用を金利の高い、リスクの少ない米国債権で運用するのはファンドマネージャーとしては当然の行為に過ぎない。
 中国はこの点で購入しているのは中国の国有金融機関と国有ファンドであり、政府の意図がまるまる働いている。
換言するなら中国はある時、命令一下、突如大量に売りに走り、市場の暴落を企図しての政治的行為にでた場合、その保有額から言っても世界債券市場と金利相場をガタガタに攪乱する実力を身につけたのだこの事実を西側は知っておいたほうが良いだろう。

産経ニュース(2010/02/17)
米国債保有高、1年4カ月ぶり日中逆転


米財務省が16日発表した2009年12月の国際資本統計によると、同月末時点の国別の米国債保有高は、日本が前月比115億ドル増の7688億ドル(約70兆円)で首位の中国を抜いた。日中逆転は1年4カ月ぶり。
2位の中国の保有高は7554億ドルと前月から342億ドル減った。米国債の最大保有国だった中国がこのまま残高を減らし続ければ、今後も国債を大量発行する必要がある米政府にとって打撃となる公算が大きい。(共同)


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 中国問題 - ジャンル : 政治・経済

23:39  |  -支那  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1367-6ecf5546

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |