FC2ブログ

2010.02.10 (Wed)


支持率の上がらない自民党

真正保守に立ち戻るべし

民主党の度重なる敵失にもかかわらず、自民党の支持率が一向に上がらないのはなぜか。
それは民主党がこれほどの失態を演じながら、国民はまだ民主党に見果てぬ夢を抱いているからである。
一方、谷垣禎一というリベラル派が総裁になっているからでもある。
参院選に勝つためには人心を一新して闘いを始めなければならない。
それには古参議員を後ろに引っ込め、稲田朋美、高市早苗、小泉進次郎などの真正保守派や若手を登用することだ。

菅元総務相は「舛添、河野の登用」を自民執行部に注文した。
世論調査によれば、舛添議員は首相にしたい候補のナンバーワンである。
有権者が民主党のポピュリズム政治を歓迎して政権交代させたのだから、自民党も舛添総裁で自民党を再生すればいい。
少なくともリベラル派の谷垣総裁よりましだ。

しかし河野太郎はいけない。
流石に反日売国政治家河野洋平の息子だけあって、テレビにたびたび出演し、これが自民党員かと思うほど民主党に擦り寄った発言をいつもしている。

TBS「サタズバ!」(2010/1/16)
「政治と金」について


河野太郎
「国会の仕事は予算を通す所だから、この問題で国会が空転することはゆめゆめあってはならない。我々は捜査官でも検察官でもないから、政治家は政治の仕事をきちっとやることが大切だ」


これはどう見ても追求されている与党民主党側の発言である。

鳩山・小沢のツー・トップに対する野党の追及を逃れるために、民主党とそのシンパは「景気対策が最重要課題だ」と再三マスコミを通じて訴えているからである。

刑事責任の追求は特捜部に任せるにしても、政治家は政治家で、国会の場で鳩山・小沢の政治的・道義的責任を問わなければならない。
亀井大臣のように「政治家は探偵ゴッコするな」では済まされないのである。


産経ニュース(2010/02/10 19:12)
「舛添、河野氏の登用を」菅元総務相、自民執行部に注文


自民党の菅義偉元総務相は10日、国会内で講演した。党の支持率が伸び悩む現状を踏まえ、政策通として知名度が高い舛添要一前厚生労働相や河野太郎衆院議員を党運営の中心的役職に登用し「有権者に期待感を持たせるべきだ」と、谷垣禎一総裁ら執行部に注文を付けた。執行部と距離を置く舛添氏らとの連携をにおわす発言は、党内に波紋を呼びそうだ。
同時に「相変わらず派閥均衡人事が行われ、旧態依然としている」と批判し、世代交代による徹底した「体質改善」を主張。夏の参院選では「改選第一党を目指すべきだ。民主党は国民の期待を裏切り始めており、受け皿になる政策を打ち出せれば可能だ」と呼び掛けた。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 自民党 - ジャンル : 政治・経済

23:16  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1355-b25651bf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |