FC2ブログ

2010.01.17 (Sun)


東京地検特捜部にエールを!

検察批判をする人々

小沢幹事長の説明責任を問う声が上がる一方、検察側を批判して小沢氏を擁護しようとする民主党議員、テレビコメンテーターたちが居る。
部下を三人も逮捕されても幹事長職を辞さないという強気の小沢氏、それを信じて検察と戦って下さいと激励する鳩山首相。
行政府の長が支配下の検察庁を批判し、政党の一議員を応援するなど前代未聞である。

日本テレビ「ウェークアップ!ぷらす」(2010/1/16)

江川紹子(ジャーナリスト)
「小沢さんと検察の面子のぶっつかり合いと感じている。小沢さんももう少し国民に向かって説明した方がよかったと思うけれど、ただ検察にこれだけ歯向かう者が居ないという怖さみたいなものを感じて、それなのにいろんな論評が『検察のやることは正しい』という前提で全てが動いていることがどうなのかなという懸念を感じます。地検特捜部でやった事も無罪になったことがあるし、あるいは裁判を通じて何かがどんどん事件縮小していく。例えば以前あったダム受注がらみの談合事件で汚職があったと逮捕された事件があったけど、あれも地検がやって、裁判をやるたびにどんどん事件が小さくなって最後は賄賂のお金は判定できないというようなこともあった。
だから全て地検が正しいというのではなくて、もうちょっと引いた見方も必要なのかなと思います」


よほど検察に恨みでもあるのか江川コメンテーターはあらゆるテレビ番組で検察批判をしている。
「全て検察が正しい」のではないから、今回も正しいとは限らないと言いたいらしい。
しかし、何の証拠も根拠も無い感情的なコメントに過ぎない。

TBS「サタズバ」(同上)

VTRより・・・

鈴木宗男
「これは平成の2.26だ。権力の暴走、必ず汚点を残す」


この人は一度、塀の中に入った人ではないのか。
まだ議員になれたのが不思議だ。

福山哲郎(民主党)
「我々としては国民の生活、今の経済状況から言って通常国会で景気対策を含めて、補正予算と(本)予算を通して行くのが党として政府としての責任だと思う」


だったら予算の論議に時間を費やすために、小沢氏の検察庁出頭、国民への説明を求めて政治と金の問題に決着をつけるべきである。

河野太郎
「国会の仕事は予算を通す所だから、この問題で国会が空転することはゆめゆめあってはならない。我々は捜査官でも検察官でもないから、政治は政治の仕事をキチッとやることが大切だ」


河野議員はほんとうに自民党の政治家か?
昔からこの男は獅子身中の虫に見える。
国会での証人喚問、参考人招致などで政治家も真相究明に責任を果たす必要があるはずである。

福山
「このような事件が起こると、周辺情報がどんどんマスコミにリークされる。検察側の守秘義務の問題は発生しないのか」


国民は正しい情報を知りたがっている。それに答えるのがジャーナリズムである。民主党とそのシンパは検察庁のリークだと盛んに検察批判をしているが言い掛かりにしか見えない。

元特捜部副部長はそれはあり得ないと否定した。

「私がやっていた頃はリークはしていない。それよりもマスコミが調べて我々の知らないことが新聞に載っていることがある。マスコミの記者には有能な人が結構居る。一般的に言われている情報操作という形であえてリークすることはない」

新聞記者は話を聞き出すスペシャリストである。間違った情報でなければ、捜査の途中である程度情報開示しても良いのではないかと思う。

小沢氏と検察を権力闘争だとするのは間違いだ。
検察の特捜部は警察には出来ない巨悪に立ち向かい、摘発するのが使命だという。
マスコミの誘導で政権交代して3ヶ月、国民も民主党の酷さにあきれ返っているだろう。
日本を危うくする小沢一郎氏に引導を渡すことが特捜部の使命であり、私達は一国民としてバックアップしなければならない。

Ponkoは東京地検に応援のメールを送った。

https://www.kensatsu.go.jp/kensatsumail/feedback.php?id=006

ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

22:50  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1337-385257c8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |