FC2ブログ

2009.12.25 (Fri)


許せぬ鳩山首相の甘え

国民には引導を渡す責任がある

鳩山首相が記者会見をして、母親から巨額の金を貰っていたことは知らなかった。その金をどう使ったかも知らないと釈明した。
こんなものは釈明とは言えぬ。
単なる甘えである。

「首相に座にしがみつく気はないし、国民が辞めろといえば辞める。しかし出来ればもう少し続けたい」

という意味の事も述べた。
おのれの出処進退を国民に委ねるとは無責任であり、卑怯である。
事ここに至っても自分で決められない日本の最高指導者を早く楽にさせて上げるのは国民の責務である。

鳩山首相はプレスに配布した釈明書の肩書きに「総理大臣」とは書かずに「衆議院議員」と書いた。
その理由は偽装献金問題は総理大臣になる前の事だからと言う。
胸の議員バッジはずした。
記者会見も総理官邸でするのが普通なのに首相の立場ではないとホテルを借りてやった。
やることがいちいち姑息であり、許せるものではない。

しかし、マスコミはこれで幕引きにしようと必死である。
なかには、こんなに長時間、公開して説明した首相は初めてだ、記者の重複する質問にも丁寧に答えた。
質問が出尽くすまで真摯に答えた。いままでになく素晴らしい首相だ。これからも続けていって欲しいとコメントしたコメンテーターも居た。

こんなに国益を損ない、日本の経済をメチャクチャにする首相を辞めさせる事が出来ないのは国民の責任である。首相は国民が辞めろといえばすぐ辞めると言っているのだから。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

23:58  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1296-56c1ad7c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |