FC2ブログ

2009.11.26 (Thu)


日教組に牛耳られる民主党

全国学力テスト大幅縮小

中学校の全国学力テストに真っ向から反対して来たのは日教組である。
日教組の反対で43年間も実施できなかったものを実施したのは安倍政権である。

しかるに、日教組の傀儡政権である民主党は事業仕分けにかこつけて、抽出調査に縮小することに決定した。
全国一斉に調査しなければ調査の意味は無くなる。

過去3回の調査でいろいろなことが分かった。
日教組の強い地域は学力が劣ることも判明した。
成績のトップの秋田県と最下位の沖縄県の間で教員同士の交流が行われ、学力の向上が図られるなどの効果も現れていた。

日本の子供の学力は世界のなかで低下する一方である。
日本の将来を担う子供達の教育が、国歌・日の丸反対する日教組の偏向教育で歪められてしまうことに危機感を抱かざるをえない。
競争原理を否定するリベラル民主党と日本崩壊を狙うサヨク日教組が手を結んで日本の将来は真っ暗である。


産経ニュース(2009/11/25 21:22)
事業仕分け 学力テスト大幅縮減、抽出調査に


政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は25日、平成22年度予算の概算要求の無駄を削減する事業仕分けの7日目の作業を行った。文部科学省所管の全国学力・体力テストについて、対象を絞り込むべきだとして見直しが必要と判定した。学力テストの縮小を求めている日本教職員組合(日教組)の意向にも沿った形で、教育現場などへの影響が懸念されそうだ。
全国学力テストは安倍政権時代の平成19年度に43年ぶりに復活。小学6年生と中学3年生の全員を対象に実施されている。文科省は来年度予算に約60億円を要求したが、鳩山政権は「成績をあげるだけの競争になっては意味がない」(川端達夫文科相)として対象を絞り込む抽出調査(36億円)に縮小する方針だ。
 この日の仕分け作業でも、仕分け人が「対象をより縮小した調査で十分だ」と指摘し、文科省に予算要求の大幅縮減を求めた。小5と中2の全員が対象の全国体力テストについても対象を絞り込むべきとして、見直しを求めた。
 義務教育費国庫負担金(1兆6380億円)には、教員が子供と向き合う時間を増やすための調査報告義務の削減など制度の見直しが必要と判断された。
(中略)
同日開かれた政府主催の全国知事会議では、事業仕分けの手法に知事から批判が噴出した。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

16:58  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1233-993818bc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |