FC2ブログ

2009.11.25 (Wed)


「お仕置きプレイ」を楽しむ愚民たち

仕分け公開の胡散臭さ

事業仕分けの公開をマスコミは声高に評価しているが、「公開は隠すことと同じくらい胡散臭い」と産経の記者が書いた。
ところが、「仕分け(お仕置き)プレイ」に酔いしれた愚かな国民は産経記者の疑問に批判の嵐である。
かつて書いたように、民主党とマスコミの公開仕分けプレイにだまされた国民が喜んでいるさまは、パン(子供手当て)を求め、サーカス(事業仕分け)に興じた挙句、古代ローマ帝国を滅亡させた愚民たちを彷彿とさせる。

愚民たちがサーカスに興じている間に、成長戦略も取らずに節約に走る民主党政府のおかげで、株価は日本だけが下落し、円高を容認した財務大臣やデフレを宣言した副総理のおかげで、世界のマネーは日本から逃げ出し、日本の国際的な信用は失墜している。

今に見るがいい。鳩山不況の嵐に愚民たちが泣き叫ぶ姿を。
すでに穴吹工務店など大型倒産が始まっている。

経済音痴で無策な民主党では日本はもたない。


産経ニュース(2009/11/25)
【古往今来】事業仕分け 「公開」の危うさ


昨日から行政刷新会議の「事業仕分け」第2弾が始まった。来年度予算要求の無駄を洗い出そうという「事業仕分け」。今月(11月)中旬の第1弾では、会場となった東京都新宿区の体育館に連日約500人が傍聴に訪れ、インターネット中継のアクセスも、常時1万から2万件だったという。税金の無駄遣いを公開の場でカットして見せるのだから、世論やマスコミの脚光を浴びるのは当然だが、腑に落ちないことも多い。以下、素朴な疑問をいくつか-。

1案件につき1時間の審議で結論を出すのも粗っぽいと思う。仕分け人が事細かい質問を官僚に浴びせ、答弁に窮したところで、「不要」の結論を引き出そうとする手法があちこちで見られたという。初めに結論ありき、は強引だろう。
対象事業の選定もおかしい。科学技術、教育、福祉などの分野に性急な経済効率性を持ち込んでどうするとうのか。教育事業、生活保護対策、人工衛星打ち上げなどを、費用対効果で議論すること自体が問題だ。
それに、本当はこれが一番おかしいと思っているのだが、なぜ、仕分け作業の一部始終を公開する必要があるのか。仕分け人がテレビカメラ、傍聴人を意識してパフォーマンスに走ったり、自ら本音をねじ伏せることだって皆無ではなかろう。

仕分け作業第1弾では、パフォーマンスが目に余った。政治家の仕分け人がまくしたて、窮する官僚を圧倒、「事業廃止」の判定を下して一件落着。正義の味方・仕分け人が“悪役”の官僚をやり込める“劇場型”である。こうなると、今回の仕分け作業公開そのものが、パフォーマンスといえなくもない。何につけ、プロセスの公開は、ろくなことはない。「公開」といえば、聞こえはいいが、時として「隠すこと」と同じくらい、うさん臭くなることもある。
(福島保/SANKEI EXPRESS)


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

20:08  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1229-a82e0458

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |