FC2ブログ

2009.11.25 (Wed)


鳩山政権の支持率アップ?

国民はマスコミの盆の上の豆

なんのことはない。
国民はマスコミの盆の上に載せられた豆だということを証明しているだけだ。
マスコミの傾ける方向にドッと転がっていく。

国民は「首相の人柄」「友愛の理念」「東アジア共同体」の漠然とした内容を高く評価しているという。
マスコミはこの「漠然とした内容」を決して厳しく批判していないから国民はなんとなく良いものだと思い込まされている。

「普天間基地移設問題」「日本郵政社長人事」「首相の政治献金問題」のマスコミ批判はまだ生ぬるいとはいうものの、ある程度批判的なスタンスを示しているから国民も批判的になる。

一方ではマスコミの世論誘導で事業仕分けを高く評価し、みのもんたが毎日のように赤字国債発行を批判するので66%が反対する。
マニフェストを守らなくても良いというのもマスコミがそのように世論誘導しているからだ。

世論調査が本当に信憑性のあるものかどうかは極めて疑問だが、NHK、地上波民放、朝日・毎日・読売などの既存メデイアが発表する世論とネットの世論との乖離は既存マスメディアがいかに情報弱者の世論を誘導しているかの証左である。


産経ニュース(2009/11/23 22:58)
鳩山政権を漠然と支持 維持には政策遂行が必要


産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で、鳩山内閣は6割超の支持率を維持したが、調査結果を細かくみると、高く評価されているのは、ほとんどが「首相の人柄」「友愛の理念」「東アジア共同体構想」などの漠然とした内容に関するものだ。逆に米軍普天間飛行場移設問題や日本郵政社長人事など、鳩山内閣の具体的な政治判断が問われる項目では評価が低い。また、首相の政治献金問題にも世論は批判的で、これらの課題への取り組みと景気対策が内閣の命運を握っていると言えそうだ。

世論調査では、鳩山内閣について、首相の指導力や政策など10項目への評価を尋ねた。過半数の支持を集めたのは3項目で、トップは理念や政策ではなく、「首相の人柄」(70・0%)だった。逆に最も評価が低かったのは、首相の政治献金問題をめぐる対応だ。首相は今国会でも野党側から再三説明を求められたが、東京地検特捜部が捜査中であることを理由に説明を拒んでいる。首相によるこの問題への対応については6割以上の人が不十分だと感じている。
 このため、今後、首相の政治資金管理団体の会計責任者だった元秘書が立件される事態となれば、世論の反応が厳しくなることは避けられそうにない。
(以下略)


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

19:50  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1227-5b2f67e6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |