FC2ブログ

2009.10.31 (Sat)


必殺事業仕分け人のお粗末

32人から7人に

鳩山首相が「必殺事業仕分け人」などとふざけたネーミングをした仕分け議員は最初32名だったのに、小沢一郎の逆鱗に触れて、今や僅かに7人で事実上作業はストップ。
あとは民間から10人を補充するとか。
平野房長官と仙石行政刷新大臣が小沢幹事長に謝罪して一件落着したが、この件では小沢氏の独裁政権であることが露呈した。

末延吉正(立命館大学客員教授)
「問題は政治家だけが電卓持って徹夜したりパフォーマンスで予算なんか作れないですよ。ほんとにマニフェストにある予算の組み替えをやろうとするならば、役所の中に居る改革派の優秀な人を取り込んでそういう情報をキチッと集めて、全体を総理大臣が仕切っていかないと、せっかく政権交代して国民は一所懸命頑張ってくれと見てるわけですからメディア向けのパフォーマンスばかりしていたら、普天間の問題、予算の問題、郵政の問題、これは結構このまま行くとちょっとなあという感じがしますよ、残念ながら」


その通りである。鳴り物入りでプロジェクト・チームを組んで政治主導だとパフォーマンスをしているのをテレビが連日放映していた。民主党広報部の地上波テレビが悪いのである。
得票数から言えば、「頑張ってくれよと思っている」のは国民の半分も居ないことを末延センセイは忘れている。
このままいくとセンセイの危惧するとおり、「全体を仕切れない」鳩山首相のせいで民主党は国民の信を失うだろう。
官僚を排除して官から民へと最初は威勢が良かったが、案の定、官僚の助けなくしては仕事が出来ないことが判明した。
みのもんたやテレビのコメンテーターたちは一年生議員の方が「しがらみが無くていい」と言うが、予算の中味を理解できないような新人議員は仕分けも出来ずに電卓を叩くしか能がないではないか。


産経ニュース(2009.10.29)
仙谷担当相が小沢氏に謝罪、「仕分け議員」は大幅減で決着


仙谷由人行政刷新担当相は29日、国会内で民主党の小沢一郎幹事長と会談し、行政刷新会議の国会議員メンバーの人選について「配慮が足りなかった」と謝罪し、当初の32人から7人に大幅に減らすことで合意した。
刷新会議は7人のほか、民間有識者約20人を起用する方向で最終調整している。
 同会議の国会議員メンバーは1~3期生を中心に構成。鳩山由紀夫首相の前でもお披露目したが、新人は選挙活動などを優先すべきだとして、小沢氏らが不快感を示していた。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

14:24  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1164-9a1ac90c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |