FC2ブログ

2009.10.29 (Thu)


天に唾する自民党?

民主党は「天」か

国会の論戦が始まった。
録画してはおいたがなぜかビデオチェックする気が起きない。
テレ朝「報ステ」を観て腹が立った。
予想した通り、鳩山首相は議場の新人議員の拍手と声援に酔いしれて勝ち誇ったような応答をしていた。

テレ朝「報道ステーション(2009/10/28)
初の国会論戦"鳩山VS"
「あなたには言われたくない」


谷垣自民党総裁の質問はおおむねポイントを突いていたと思う。
これに対し、鳩山首相の反論は正面から反論するのではなく、はぐらかしと言い逃れに過ぎなかった。
西村政副調会長の菅副総理・国家戦略担当大臣に対する批判も国民の疑問を代表したものだった。
鳴り物入りで発足した国家戦略室は名ばかりの看板倒れで全然機能していないのは紛れも無い事実である。

一色清(朝日新聞編集委員)
「谷垣さんの質問はそれぞれもっともだったと思いますが、ただなんか届かない部分があるのは、やはり天に唾するような所が少しありますよねえ。やはり直前まで政権与党でしたからねえ。財政支出をどうするのとか、成長戦略がないじゃないかとか言いましても、自民党も無かったような感がしますし、それから普天間どうだ、天下りはどうだとしても自民党が解決できなかった問題だという事がありますよねえ。だから強い野党になるには自民党はどういう政党であるかをはっきりさせて、攻めるためのポジションを固めるという事がまず大事かなという気がしましたねえ」


今日の国会論戦が始まる数日前からマスコミは自民党がかつての野党のようにネガティブな姿勢を取るべきではないとしきりに牽制していたのに気付かれた方も居られたと思う。

自民党が選挙で大敗したのはそれなりの理由があったであろう。有権者は「政権交代」で新しい政治を夢見ていたが、いざ政権交代して一ヶ月も経たないうちからボロが出始めた。
それを野党に指摘されて、あんたには言われたくない、あんた達が解決できなかったから俺達だってと居直られては良識ある有権者は民主党に幻滅したに違いない。
それと、普天間移設の問題は時間が掛かったが日米で合意に達したものである。

古館伊知郎
「なすり合って痛快に揚げ足を取るということではなくて実りある論戦をして欲しい」


まだ論戦のすべてをチェックしていないので分からないが、外国人参政権、人権擁護法、日教組の復権、靖国神社の代替施設など民主党の反日サヨクへの傾斜を指摘したのだろうか。
立党の精神に立ち戻って真正保守としての自民党のポジションを鮮明に打ち出す事こそが自民党再生の道である。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

09:50  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1157-2137e845

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |