FC2ブログ

2009.10.05 (Mon)


中川氏急逝とテレ朝

気弱な政治家だったのか

自民党で最も期待されていた真正保守派の中川昭一氏が急逝されて、保守派は虚脱状態である。テレ朝はどう伝えているかご紹介する。

テレ朝「やじうまプラス」(2009/10/5)

下平あやかアナ
亡くなった方にこういう事を申し上げるのはなんですけれど、やっぱり朦朧会見とかお酒に関するトラブルが尽きませんでした

小松靖アナ
そうでしたね


言わされたセリフだったかもしれないが、無神経な発言に驚いた。

下平
「一緒にお酒を召し上がったことはありましたか」

岩井奉信(日本大学教授)
「ありましたが、昔ですけどもそんな感じではない、明るいお酒ではありましたし、しかしながら、自民党が野に下ったとき一緒に飲んでるとやはり自民党の事を心配してちょっと深酒をすることはありました。ただ言われているようなことは無かったですね」


竹田圭吾(Newsweek日本版」編集長)は中川氏の非核三原則の見直しや核武装の議論の必要性を説いたことを評価し、北方領土の問題についても麻生さんが二島返還を言い出した時に反対したなど、自民党が保守政党として再生していくには重要な人物だったと惜しんだ。

あのアンチ自民の川村晃司コメンテーターも「何よりも驚いたのは伊吹派の総会で農林問題で水資源から食料の安全保障の問題を細かなデータを使って説得力のある講演をして非常に良い勉強をした」といつになく絶賛した。彼は以後の番組にも出演しその政治的手腕を褒めた。

テレ朝「スパモニ」(同上)

鳥越俊太郎
「すごくタカ派的な発言が多くて、コワモテというか強いイメージが出てるんですけども、ほんとうは凄く繊細な神経の持ち主でやっぱりお酒を飲んだのではなくて飲まれていた部分があってそれが今回の死因につながったのではないかという気がするんですけどねえ」

吉永みち子(作家)
「ああいう風にお酒を飲んで、してはいけない場面で酩酊するという事自体が中川さんの弱さの証明だったと思うし、重い器にその弱さで乗っかった事が、ご自身を追い詰めていってしまったのかなと。何があっても生き残っていくという強さはなかったのかなと・・・」


中川さん、あなたの死は悲しく悔しいが、「酒に飲まれた」の「気弱で器はでなかった」と死後も言われていることにあなたはあの世で腹を立てているに違いない。
生きてさえ居れば必ず見返すことが出来たはずなのに、それも適わぬことが恨めしい。

三反園訓
「自民党の中でもエリートだった。朦朧会見と総選挙落選で挫折相当を味わったのは相当ショックだったでしょうね。何回も一緒に飲んだけどそんなに深酒をすることも無くて非常に明るいお酒を飲む方なんですよね。人に気を使うタイプですしねえ」


鳥越が「奥さんが頑張れ日本一と言ったのが印象に残っている。家族に支えられているなんだなと思った」と言うと・・・

吉永
「皆に支えられているけれど、一人になると自分の弱さが出てきてしまうという。(一郎氏と昭一氏は)総裁選と総選挙に敗れて似ているけど、その背景にもうひとつそれぞれが背負っているものがあるんですよね。その結果これなんですよ。でもこの事に対して状況を乗り越える力は政治家にとっては一番重要なファクターだと思うけれどこの二つとも親子が欠けていたのかなという気がしますよね」


中川さん、あなたの急逝をあなたの父の事故死とともに貶めています。さぞかし無念な事でしょう。

小木逸平(キャスター)
頑張れという声もその弱さがあったからかなという気持ちもね・・・」


拉致問題に携わり、近隣諸国にもはっきり物を言うタカ派であった中川昭一氏を気の弱い男で政治家には向かなかったと貶める反日コメンテーターを許すことはできない。

テレ朝「ワイド!スクランブル」(同上)

ワイド・スクランブルは「強い中川昭一」の回顧を自民党議員が語った。
朝の2番組に対するクレームの電話やFAXが沢山舞い込んだのではないか。

島村宜伸
「付き合ったらこれほど男らしくて気持ちのいい男は居ない。だから惚れ込んで付き合っていた。ほんとうに惜しい」

谷津義男(自民党前衆議院議員)
「酩酊会見と言われたが飲んでいない。腰痛で薬を飲んだかなと思った」

島村
「頭がいいし、農政から経済までほんとうによく勉強していて教えられることが多かった人ですよ」


ドーハ・ラウンドの宣言文を出すときに、日本の「多面的機能」の主張が消されたのでアメリカの代表のところに飛び込んでいって「とんでもない」と激しく詰問した、その時の表情は凄かった・・・・と谷津氏が語る。

島村氏が農林大臣、中川氏が経済産業大臣の時に、立場は違うが日本の農政は一国の将来につながるから軽々に考えてもらっては困ると実に見事な大演説をした。外国に対して強い男だった。ほんとに惜しい。国際会議では断然引き立つ男だった。やる時はやる。半端じゃなかった・・・と島村氏は回顧する。

マスコミは中川昭一氏の本当の姿を国民に伝えなかったという事が分かった。
それほどまでにマスコミにとっては恐ろしい存在だったのだろう。
NHKの慰安婦番組問題で安倍元首相と共に中川氏を葬ろうとした朝日新聞の狙いがよく分かった。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:27  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1108-9476efd5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |