FC2ブログ

2007.10.25 (Thu)


韓国の火病的反日感情

政治に関心を持つようになったのはブログを始める少し前だから、まだ5年と経っていない。
韓国人の反日感情に触れて驚いた昔を思い出す。
今なら、ハングル文字は日本が普及させたもので、日本は韓国の近代化に大きく寄与したと反論しただろうに、日本を貶められても公の場所で反論できなかった自分を恥ずかしいと思う。

金大中拉致事件にしても、責任は日本にもあるといって国権侵害を謝罪しようとしない韓国にその国民性を見る気がする。

日本はやはり距離感を持って韓国と付き合う必要がある。
NHKの韓流捏造などに国民は騙されてはいけない。
日本人は国内の逆差別に早く気付かなければならない。
稚拙な文章で恥ずかしいが、再録する。


(2005年4月7日のエントリーを転載)
今でも忘れない心の傷

10年以上前、私は米国の大手IT会社の香港支部で働いていた。
世界各国からのスペシャリスト集団のプロジェクトチームで
わたしの同僚には英米独仏韓その他の国から派遣されたスペシャリストがおり、上司は米国人だった。

ある日、新機種の社内発表会が韓国で開かれた。
ホスト国の韓国を代表して、最初に同僚の韓国人が新機種の発表を始めた。

その最初のスライドを見て驚いた。
それは、韓国が日本から独立(?)を勝ち取った記念碑のスライドだった。
それから延々と10分以上にわたり、韓国が如何にして日本の侵略と戦い独立を勝ち取ったのかプロパガンダがスライドで写された。
また、ハングルは韓国人が発明した偉大な言語であるとか、
いかに韓国文化文明の素晴らしいかを強調した。

ただ一人の日本人出席者だった私は、おどろき、困惑し、恥ずかしく、怒りに震えたが、立ち上がって反論しなかった。
新機種発表会は続いていった。

いろいろな日韓の歴史的事実を学び、自分の体験に照らし合わせて、
確固とした信念を抱くに至った現在の私ならば、立ち上がって反論しただろう。

さらにショックだったのは、後で、私の上司の米国人が、
「そんなことが日本と韓国の間であったことを知らなかった」
と韓国と韓国人に対し同情を示す言葉を言ったことだ。

私は返す言葉もなかった。

ご年配のあの米国人ボスはもうこの世に居ないかもしれない。
そのような誤解を抱いたまま死んでしまったのかと思うと残念だ。

香港の高台にある高級住宅のボスの自宅で、一緒に海上の花火を見たあの韓国人の同僚は今でも刷り込まれた反日思想で仕事をしているだろうか。

反論できなかった気弱で勉強不足の当時の自分、
上司の誤解を解けなかった未熟な自分、
10年以上経った今でも、小さい心の傷になって残っている。

http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/1257299.html


韓国は正しい歴史認識をと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

13:45  |  -朝鮮半島  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/107-24e01ce2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |