FC2ブログ

2009.09.05 (Sat)


地方分権の欺瞞

国家観の無い橋下・東国原・中田

東国原宮崎県知事が誕生し、地方行政が注目を浴びた。橋下弁護士が200%知事選には出馬しないと言って舌の根も乾かぬ内に出馬し当選した。そして一年で大阪府の赤字を黒字に転じたと喝采を浴びた。

東国原県知事と橋下府知事が全国知事会をリードする形で地方分権を叫び、中田前横浜市長まで出て来て地方分権をテレビのワイドショーで叫ぶ。
地方分権を語らずば地方の首長に非ずとでもいうような勢いである。
民主党も自民党も票欲しさにマニフェストに地方分権を取り込んだ。
しかし、この地方分権、どうも胡散臭い。ほんとにそんなに良いことなのか。Ponkoの直感は彼等三羽ガラスの言う地方分権は眉唾に思う。
片山元鳥取県知事が、彼等の「地方分権は住民のためではなく知事の権限を強めるためだ」と批判していたが元知事だけに説得力がある。

「民主党の正体」(撃論ムック)で西部邁氏が「地方分権」のまやかしを指摘している。

(前文略)
したがって、現に地方分権を主張している者たちは、結局のところ、「一共事業の地元負担を軽減せよ」とか「地方交付税を増やせ」とかいったふうに、中央政府に対して金銭的要求をしてるにすぎない。中央政府にまずすべき要求は「国益のために自分の地域に何ができるか」を明らかにした上で、その費用を中万政府に請求することであろう。ゴネや得も同然の(地方の)金銭要求に中央政府は応じる必要はない。地方の地域が、未来の国民にとって魅力あ活動の場となるという可能性があるときにはじめて中央政府(ということは国民の全体)がその地域への補助に乗り出さなければならないのである。
、ありとあらゆる「改革」が惨めなありとあらゆる「改革」が失敗に終わりつつある今、地方分権だけが胸張って主張できる改革となっている。しかしその分権主義には大いなる錯誤がある。その錯誤に気づかない民主党はもちろんのこと、その錯誤を暴こうとしない自民党もまた、平成改革という名の国家破壊に手をかしているといわざるをえない。


国家観も歴史観も無い橋下・東国原・中田の3氏にとっては無理な話ではあろうが・・・・


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

14:16  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1069-e5da7343

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |