FC2ブログ

2009.08.22 (Sat)


TBS、民主国旗事件を矮小化

日の丸事件は苦し紛れの自民ネガキャン戦術だと

民主党の日の丸切裂き事件をスルーしていたTBSが、昨日のニュース番組で「自民党の作戦であり、窮地に陥った証拠だ」と事件を矮小化し、逆手にとってネガティブキャンペーンだと自民党を揶揄・批判するかのような報道をした。
しかし、公職選挙法に触れるため、ネガティブキャンペーンだとは直裁に言わないで、「ネガティブキャンペーンが過ぎると有権者の反発を買いかねない」と有権者をダシに使って婉曲な表現を取った。
公示後のTBSは有権者がさもそう思っているかのような印象操作で与論を誘導している。
しかも鳩山の謝罪発言の一部だけを報道し、肝心の民主党の本音を現す部分を隠蔽した。

ご覧になっていない方のためにその一部始終をご紹介する。

TBS「総力報道 The News」(2009/8/21)
真夏の施政権選択'09
自民"反撃"の足がかりは?


キャスター
「苦しい選挙戦が伝えられる自民党。反撃の足がかりはあるでしょうか。麻生さんのあの発言に隠されていた作戦とは」

ナレーション(湯浅真由美)
「今月17日の党首討論で麻生総裁が唐突に持ち出したテーマはいわゆる『国旗切り張り』問題。日の丸を切り張りして民主党の旗にしたことを追求したのだ」

麻生総理
「国家の象徴としての国旗を切り刻む?そのような事があったとは正直信じたくありません」

ナレーション
「この発言の裏にはある作戦があった」

麻生総理の街頭演説
「日本を守るのは自由民主党、皆さんの生活を守るのも自由民主党・・・」

ナレーション
「厳しい逆風に苦しむ自民党。思うように戦えない焦りなのか身内からも批判が飛び出した」

舛添厚生労働大臣
「極めて厳しいし、もっと厳しいのはその厳しいことを理解していないわが党の候補者が多すぎる。執行部を含めて」

舛添は前回の参院戦の時も、「後ろから撃つのか」と自民党を批判し、自分はトップ当選を果たした。国家観のある保守政治家ではなくて、保身のためには所属政党すら踏み台にする大衆迎合の汚い政治屋である。

ナレーション
「政権交代の掛け声のもと、目玉の子供手当てなどをアピールし追い風に乗る民主党。対する自民党の奥の手が保守層の取り込みだ。JNNが入手した自民党候補者のための内部資料。この総選挙は『保守主義』の自民党か『社会主義』の民主党かと銘打っている。
保守主義を前面に打ち出し民主党の問題点を追求。民主党は日教組などの組合組織に支持された政党で、外交や安全保障の政策はかつての社会党を継承。社会主義政党だと断じている。
この内部資料をもとにパンフレットを造作り、候補者に配布を始めた」

http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/60169674.html

自民党幹部は・・・

幹部役の男の声
「ここまで来たら、外交や安保、教育問題で攻めるしかない」

政党の内部資料の現物を映像で公開するTBS。
「ここまで来たら」と言わせているが、ここまで来なくても最初から民主党との違いを主張すべき点であり、正論なのだ。

ナレーション
「日教組からの強い支持を得て、社民党との連立も視野に置く民主党。アキレス腱は基本方針が不明確とされる外交や安全保障、国旗・国歌などへの対応だ。その弱点を突き、判断に迷っている保守層を呼び戻そうというのだ。
終戦の日、小泉元総理をはじめ自民党の関係者多数が参拝した靖国神社・・・」

安倍晋三元首相
「今日はご英霊に尊崇の念を表すためお参りしました」

ナレーション
「麻生総理は参拝を見送る考えだったが、保守層の支持を得るため党内には参拝を求める声が尽きなかった。

島村宜伸(総裁特別補佐)
「麻生首相の参拝の話はあるでしょうけど、随分そういう要請は各方面から頂きました。ただ一方ではそういうことをして欲しくないという保守層もいるんですよね」

首相の靖国参拝に反対する人達を保守層とよべるのか。
それは自民党内の加藤(紘)や山崎拓や二階俊博らであろう。

ナレーション
「島村氏に加え麻生氏の盟友も歴史と伝統を強調。保守層取り込みに躍起だ」

島村宜伸
「相手の方は国旗・国歌に反対の方が多い政党ですから、我々はこのへんをしっかりした論点にしたい。現に民主党の本部には国旗が無いじゃないですか。代表の部屋にも」

中川昭一(前財務相)
「日の丸も認めない君が代も認めない鳩山さんや岡田さんは元自民党に居たのに、なんで社会党の左派みたいな政策ばかり揚げているのか」

ナレーション
「こうして麻生総理も動き出した。民主党候補は国旗を切り張りして民主党の党旗をかたどり掲げたことを取り上げる」

切り貼りされた国旗の映像が出たが、民主党のホームページにあった小沢一郎は見えない。
TBSは意図的に小沢一郎を隠した。

麻生総理
「国家の象徴としての国旗を切り刻む?そのような事があったとは正直信じたくはありません。私にはとても悲しく許しがたい行為であると。姑息だと正直思いました」

鳩山代表
「そんなけしからんことをやった人間が居るとするなら、大変申し訳ないという思いをお伝え申し上げたいと思います」

これに続く鳩山氏の問題発言・・・

「(民主党旗は)われわれの神聖なマークなので、きちんと作られなければいけない」

がすっぽり抜けている。

裏を返せば、

「国旗なんかを使って神聖な党旗を作ったのは間違いだった」

ということである。

国旗よりも党旗の方が神聖であるかのような鳩山発言こそ問題であろう。

ナレーション
「自民党関係者は保守政党を強調することで一定の成果は上がっていると手応えを感じている。しかし、一方で相手の批判に終始するネガティブキャンペーンは行過ぎると有権者の反発も買いかねない」

党是の違いを明確にして有権者に訴えることがなんでネガティブキャンペーンなのだ。
民主党が小泉改革を失敗だと断じ自民党の政策を攻撃するのはネガティブキャンペーンではないのか。

(有権者の反発を買いかねないのに・・・) しかし、昨日も・・・

麻生
「国旗を自分の党のためにひっちゃぶいて・・・」

スーパーは「自分の党のために」の部分を隠して出さない。

ナレーション
「投票まで残り10日を切る。保守層取り込み作戦で巻き返しを図る自民党。しかし、こうした戦術に頼らざるをえない現状は4年前の郵政選挙とは一転、苦境に立たされている自民党の今の姿を浮き彫りにしていると言えそうだ」

後藤謙次
「小泉さんは前回の郵政選挙で『無党派層は宝の山』だといって、従来の伝統的な集票システム、農家、建設会社、郵便局、病院(医師会)などを背景にした族議員を冷遇したことで、『自民党をぶっ壊す』といったが支持母体もぶっ壊してしまった。
一方、民主党の小沢前代表は自民党から離れた組織を取り込む。さらに旧社会党系の労働組合の表も取り込む。ということで選挙戦で一歩前に出たということですね」

サブキャスター
「自民党は安全保障、日の丸の問題などを取り上げて保守層の取り込みをし始めていますね」

後藤
「自民党の伝統的に支持団体はどちらかというとギブアンドテイクということで一部を除いてあまり思想的な背景のある団体は少ない。その意味でどこまで集票できるか疑問符が付く」

自民党創立の党是は「憲法改正」だったこと忘れてはならない。
そういった意味で、遅きに失した感がないでもないが、自民党が日本の伝統・文化を守る保守勢力として原点に立ち戻るのはいいことだ。
自民党のなかには保守派とはとても思えない売国奴が沢山居てその辺が曖昧になってきているからである。


自民党が真正保守の姿を取り戻そうとしているなかで、社会党左派の民主党を批判すると、TBSなどのマスコミはネガティブキャンペーンは止めろという。
そのくせ民主党の自民攻撃はネガティブキャンペーンとは決して呼ばない。
マスコミが反日マスコミと呼ばれる由縁であろう。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 衆議院選挙 - ジャンル : 政治・経済

23:52  |  2009衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1045-7e7a4c55

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |