fc2ブログ

2023.12.04 (Mon)


武漢ウイルスに殺された志村けん


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


香港の女性活動家、カナダに亡命

志村けんは大好きなコメディアンだった。
岡江久美子も大好きな女優だった。

その二人は武漢ウイルスにKOROされた。

そんな事を思い出してしまったのが香港の女性活動家・周庭(アグネス・チョウ)さんの亡命だ。

産経ニュース(2023/12/4)
「諦めない」「志村さん大好きでした」〝亡命〟の周庭さん、民主化の願いに日本への愛着も


202312040.jpg

2014年の香港民主化運動「雨傘運動」でリーダーシップを発揮した周庭(アグネス・チョウ)さんが事実上、亡命を宣言した。香港の「民主の女神」とも呼ばれるようになった周さんは、これまでに警察による弾圧など、香港政府側との闘いの日々をSNSなどで逐次発信。その言動は世界中で注目を集めてきた。独学で学んだという日本語が流暢で、日本への愛着をうかがわせる発信も多い。(以下略)

支那共産党にKOROされなくて良かった。

(同上)
周庭さん、カナダの大学院に留学 「一生香港に戻らない」と亡命宣言


日本語が堪能な香港の民主活動家として知られた周庭(アグネス・チョウ)さん(27)が9月に香港を離れ、カナダの大学院に留学していたことが分かった。交流サイト(SNS)で3日、明らかにしたもので、トロントに在住する周さんは「香港には一生戻ることはない」と事実上の亡命を宣言した。(以下略)

産経ニュース(同上)
中国が周庭氏の〝亡命〟表明を非難


香港の元民主活動家、周庭氏(27)がカナダに拠点を移し、香港に一生戻らないと事実上の亡命を表明したことを巡り、中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は4日の記者会見で、「香港警察は法の支配に挑戦する無責任な行動を強く非難した。中国、香港は法治社会だ。いかなる人にも法外特権はなく、違法行為は法で罰せられる」と非難した。(桑村朋)

香港が法治社会とは聞いて呆れる。
言論の自由を奪われ、監視される社会だ。

ブログ主が赴任していた時代の香港は活気に溢れていて良かった。
変に気取った北京語よりも広東語の方が好きだった。
もっとも覚えたのはモーマンタイ(問題ない)とタクシーに行先を告げる広東語でしかなかったが・・・

それが帰国後数年で支那に返還され二度とあの活気に満ちた喧噪と美味の世界に戻ることは叶わなかった。

周庭さんが晴れて香港に戻る日を願う。
それは支那〇産党が消滅する日だ。



FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:11  |  -支那  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |