fc2ブログ

2023.12.01 (Fri)


竹島は日本領土示す地図新たに発見


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


竹島は実効(実行)支配するしかない

竹島は現在韓国に占領されているが、本来は日本の領土である。
終戦後のドサクサに紛れて、韓国の李承晩大統領が勝手に李承晩ラインを引いて自国の島にしてしまった。
当時は敗戦のショックで国民も領土を奪われるという意識が薄かった。
日本政府も激しく抗議しなかった。
その弱腰のために韓国人が移住し、ヘリポートまで出来てしまった。
韓国の定石どおリ、退任後、牢屋にぶち込まれた李明博 大統領 が11年前に竹島に上陸し、竹島は韓国の領土という石碑の前で写真を撮った。
当時の民主党政権の玄葉外相が抗議の電話を入れただけ。

202312021.jpg


その竹島が日本の領土ある事を示す古書は色々あるが、また新しい証拠が確認された。

産経ニュース(2023/12/1)
「竹島」編入後、初表記の海図か 島根大教授らが確認


公益財団法人「日本国際問題研究所」(東京)は1日、旧海軍省の水路部が明治38(1905)年4月に刊行した海図が、竹島の島根県編入後、「竹島」と初めて表記したとみられる公的地図と確認されたと発表した。

日本は同年1月に竹島の島根県編入を閣議決定し、県が同年2月に告示した。韓国側の研究者による「編入は秘密裏に行われ、日本国民にも広く認知されていない」とする主張に反論する資料になるという。

海図は「海図1013号『日本近海水先図 明治38年5月』」。調査した島根大の船杉力修教授(歴史地理学)によると、海軍などに発送され、日本郵船により民間にも販売された。

38年以前の海図では、現在の竹島を西洋名の「リアンコールト岩」と表記していたとされる。船杉教授は「今の竹島を『竹島』と表記した現存する公的地図の中でも最も古いものだ」と話す。

今回の海図の複製版は竹島資料室(松江市)と久見竹島歴史館(同県隠岐の島町)で1日から展示されている。

しかし、いくら公的地図が発見されても、武力で奪い返さなければ日本のものにはならない。

「増税メガネ」流行語大賞から外される

202312010.jpg
●●忖度眼鏡のやくみつる

岸田首相を「増税メガネ」と庶民が揶揄し流行している。
それは何も出来ずにレイムダック化した岸田首相に対する国民の精一杯の皮肉である。
今年の流行語大賞を受賞してもおかしくない。

しかし何故か選考から外れた。

やくみつるが弱視等の理由でメガネを着用している知人や子供たちを考えたからだという。

それはどう見てもこじつけだ。

ネットでは岸田首相に対する「忖度」だという声が上がっているという。

産経新聞(2023/12/1)
「増税メガネ」は「アダ名超え一人歩き」 流行語選考委員やく氏が「忖度説」に反論


1日に発表された「現代用語の基礎知識選 2023ユーキャン新語・流行語大賞」では、各選考委員の選評も発表された。この中で漫画家やくみつる氏は、11月の候補語30語の発表時に岸田文雄首相のアダ名としてインターネット上で広がった「増税メガネ」が外れ、SNS上で「忖度ではないか」といった見方が上がったことについて自らの見解を踏まえ反論した。
「今回の候補語30語が発表になると、即座にネットがザワついた。有力と見做されていたであろう『増税メガネ』が外れていることに『忖度?』等の書き込みが相次いだ」。やく氏はこうしたSNS上の反応について「正直申して仮得点は低くなかったが、これを候補語に推すには躊躇もあった」と率直な心境を吐露。「ルッキズムに依拠するアダ名を全否定するものではないが」とした上で、「『増税メガネ』は首相のアダ名を超えて一人歩きしてしまっている。弱視等の理由でメガネを着用されている知人や子供たちを思ったとき、これを尻馬に乗っかって推すべきではないと選考委員の一人として考えます」と持論を展開した。
岸田首相はこれまでの記者会見で、インターネット上などで「増税メガネ」と呼ばれていることについて感想を問われ「増税メガネなどさまざまな呼ばれ方をされているのは私も承知している」とし、「どんな呼ばれ方をされようとも、やるべきだと信じることをやるということだ」などと強調している。


2017年の流行語大賞で「忖度」が選ばれたのは反日メディアが森友学園問題を利用して当時の安倍首相を貶めようとした時に使われたものだ。

たびたび書いているように、「忖度」とは本来「相手の心情を推し量る」という日本古来の美徳を指す。

それを真逆の意味に流行させたのはやくみつる以下の選考委員達である。

【選考委員】
金田一秀穂(杏林大学教授)
辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)
パトリック・ハーラン(お笑い芸人)
室井滋氏(俳優・エッセイスト・富山県立高志の国文学館館長)
やくみつる氏(漫画家)
大塚陽子氏(「現代用語の基礎知識」編集長)

この顔触れを見れば成程と合点が行く。




FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:33  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |