fc2ブログ

2023.08.24 (Thu)


処理水放出の非難に反論した垂駐中大使


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


支那の汚染攻撃の嘘


昨日は処理水放出に注文を付けた朝日新聞社説をご紹介したが、今日の産経新聞の「阿比留瑠比の極限御免」で阿比留氏は支那の抗議と駐中大使の対応を紹介している。

産経新聞(2023/8/24)
阿比留瑠比の極言御免
中国「汚染水」攻撃の嘘


日本の垂秀夫駐中国大使を呼び出し、処理水の放出に抗議したが、垂大使は平然と反論したと言う。
当ブログも毅然と反論する垂大使を記事にしたことがある。

G7サミットへの支那の抗議に反論した日本大使アッパレ(2023/5/22)

202308240.jpg

阿比留氏によれば、安倍元首相は大使に任命する時、「中国が認めるかどうかだね」と語っていたと言う。

有料記事なので一部を御紹介すると・・・

東京電力福島第1原発の処理水が原発事故から12年余の歳月を経て、ようやく24日に海洋放出される。国内の各種世論調査でも放出賛成が反対を上回るようになったほか、世界の多くの国からも理解を得ており、まさに時は満ちたということだろう。

そんな中で中国や韓国の野党など一部は「処理水」を「汚染水」と呼び、頑強に反対を続けるものの、追随する動きは乏しく、外務省関係者も「中国は孤立している」と余裕を見せている。中国の孫衛東外務次官は22日、日本の垂秀夫駐中国大使を呼び出し、日本政府の海洋放出方針に抗議し、計画の撤回を求めたが、このときの孫氏と垂氏のやりとりが面白い。

在中国日本大使館のホームページによると、垂氏は理路整然と次のように反論している。

「日本が海洋放出するのは『汚染水』ではなく『ALPS処理水』であり、中国側はこの用語を使うべきである」

「貴国が科学的根拠に基づかない主張を行っていることは残念であるが、日本としては海洋放出開始後も、中国側の関心を踏まえつつ、引き続き意思疎通を続けていく用意はある」

「(日本産食品に対する中国の検疫措置の強化に関し)科学的根拠に基づかない措置は受け入れられない。EU(欧州連合)諸国などが輸入規制の撤廃を進めている中で、中国のみが流れに逆行している」


まるで大人が子供に物事の道理を説くように、孤立する中国を諭しているかのようで、どこかユーモラスですらある。

在中本大使館ホームページ
ALPS処理水に関する日中外交当局間のやり取り(2023年8月22日)


中国も、「処理水」を外交カードにして日本を揺さぶれば各国も同調し、日本は折れてくると考えていたのが当てが外れ、今さら軌道修正もできずに困っているのではないか。
観光庁によると、中国政府が10日に解禁した日本への団体旅行は、10月以降に本格化しそうだという。


(来てもらいたくないものだ)

そうなれば、大挙して押し寄せる中国人観光客らは福島県産も含め、日本の太平洋で取れた海産物にも舌鼓を打つことだろう。それとも、日本海側しか旅しないとでもいうのか。
中国の日本旅行解禁政策自体が、「汚染水」キャンペーンがデタラメであることを証明している。


台風で満水になったダムを深夜に住民に内緒で放水し大洪水を起こして沢山の死者を出しても平気な習近平のことだから何でもアリなのだが・・・

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:37  |  -支那  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |