fc2ブログ

2023.08.10 (Thu)


麻生副総裁、台湾発言の波紋


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

戦う意志を示さないと攻められるのが国際常識

202308810.jpg

麻生副総裁の「戦う覚悟」が良い意味で波紋を呼んでいる。

支那の走狗であるタマキ・デニー沖縄県知事は早速「話し合え」と麻生副総裁に文句をつけた。
地方の一首長にしては「身の程知らず」の発言である。
その発言を共同通信社がセッセと配信した。

共同通信(2023/8/9)
沖縄知事、麻生氏発言に苦言 「戦う覚悟」巡り、中国と対話を


沖縄県の玉城デニー知事は10日の記者会見で、自民党の麻生太郎副総裁が台湾海峡の平和と安定に強い抑止力が必要だとして、日米や台湾に「戦う覚悟」が求められていると発言したことに苦言を呈した。「従来の政府方針に反するとの指摘がある。政府は誤った受け取られ方をしないよう、中国側と丁寧な対話を重ねてほしい」と求めた。
 玉城氏は、沖縄県内に米軍基地が集中し、自衛隊配備も急速に拡大していると指摘。「抑止力強化がかえって緊張を高め、不測の事態を生ずることがあっては絶対にならない」とも強調した。

抑止力を強化することで「不測の事態」が起こる筈がない。
仮に起こったとすれば、それは抑止力が足りなかったせいである。

共同通信の北京支社が支那の反応を配信し、日本のメディアが一斉に拡散した。

共同通信(2023/8/9)
麻生氏「戦う覚悟」発言に抗議 中国「身の程知らず」と批判


在日本中国大使館は9日、訪問先の台湾で日米や台湾に「戦う覚悟」が求められているとした自民党の麻生太郎副総裁の発言を巡り、「身の程知らずで、でたらめを言っている」と批判する報道官談話を発表した。「中国の内政に干渉し、台湾海峡の安定を損なう」として、日本側に対し抗議したとも明らかにした。
同時に「台湾は中国の台湾であり、台湾問題を解決するのは完全に中国の内政だ」と指摘。「もし日本の一部の人間が中国内政と日本の安全保障を絡めるなら、日本は誤った道に入ることになるだろう」と牽制(けんせい)した。
麻生氏は7~9日の日程で台湾を訪問。8日の講演で、台湾海峡の平和と安定には強い抑止力が必要で、そのため日米や台湾に「戦う覚悟」が求められていると主張していた。(北京 共同)


「身の程知らず」とは随分と日本国を見下したものだ。
宣戦布告の前触れだといっても良い。

しかし、産経新聞の阿比留瑠比論説委員は「その意義」を伝えている。

麻生副総裁の考え方は「安倍氏が習近平国家主席と会談するたびに、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の防衛に関して「日本の意思を見誤らないように」「私の島に手を出してはいけない」などと繰り返し伝えていたことと一致する。」

・・・と。

過去記事で「安倍元首相が麻生氏に乗り移ったか」と書いたのも当然だ。

麻生氏は演説の中で1982年のフォークランド紛争はイギリスのサッチャー英首相がアルゼンチンにフォークランドを守るという意志を明確に伝えて置かなかったからだと述べている。

産経新聞(2023/8/10)
阿比留瑠比の極言御免
「戦う覚悟」を伝える意義


有料記事なので最後部分だけご紹介する。
産経新聞さん御容赦・・・

台湾に同行した鈴木馨祐元外務副大臣は・・・

「台湾を攻めようと思っているのであれば、戦う覚悟を持ってほしくないので反発するでしょうね。そりゃ反発はすると思う。(日本の意思が)ちゃんと伝わっていることが大事だ」

と述べたと言う。

9日昼、中国が軍事的圧力を強めている台湾を訪問していた自民党の麻生太郎副総裁の同行者の一人から、こんな国際電話がかかってきた。

「台湾のテレビでは麻生さんの発言の話題で持ちきりだ。私もあそこまで言うとは驚いた。『台湾有事は日本有事』と言った(盟友の)安倍晋三元首相を意識したんじゃないかな」

この同行者は出発前から「麻生さんは、台湾で何を言うだろうか」と楽しみにしていた様子だったので、ずばり期待通りだったのだろう。くだんの麻生氏の発言とは、8日に台北市内で行った講演での「抑止力」に関する次の言葉である。

「お金をかけて、防衛力を持っているだけではダメだ。戦う覚悟、いざとなったら、台湾防衛のために防衛力を使うという明確な意思を相手に伝えることが、抑止力になる」


(中略)

もちろん、中国の反発は予想された。だが、台湾に同行した鈴木馨祐元外務副大臣はあっさりと記者団に語っていた。

「台湾を攻めようと思っているのであれば、戦う覚悟を持ってほしくないので反発するでしょうね。そりゃ反発はすると思う。(日本の意思が)ちゃんと伝わっていることが大事だ」

きちんと重く受け止め、反発してくれるぐらいでなくては、かえって困るということかと納得した。
ところが、反発や批判の矢を飛ばしたのは中国ばかりではなかった。


「戦う覚悟というのは極めて挑発的な発言だ。日本に必要なのは戦う覚悟ではない。憲法9条に基づき、絶対に戦争を起こさせない覚悟こそ求められている」

8日の記者会見で、早速こう強調したのは共産党の小池晃書記局長だった。抑止力を機能させるためには、相手に「使う意思」を伝えなければならないという麻生氏の主張と、全くかみ合わない。

自国の憲法を振りかざして「絶対に戦争を起こさせない覚悟」を持てば、他国はそれに平伏するという世界観は、自国を中心に世界が回っていると考える天動説の一種ではないか。自己愛を満たす妄想の世界と、現実の区別がつかないどこかの中学2年生のようで、見ていて痛々しい。(論説委員兼政治部編集委員)


世のなか「中2」が多すぎる。

【追記】
産経新聞の「ZAKZAK」から・・・

ZAKZAK(2023/8/10)
自民・麻生太郎副総裁の「台湾有事」を念頭にした「戦う覚悟」発言に中国が逆ギレ、半ば恫喝のような報道官談話を発表


自民党の麻生太郎副総裁が訪問先の台湾で「台湾有事」を念頭に、「日本、台湾、米国をはじめとした有志国には『戦う覚悟』が求められている」と発言したことに、中国の習近平政権が「でたらめ」「身の程知らず」などと逆ギレしている。だが、麻生氏の発言は、一部の語句は過激に感じるが、事前に調整されたものだった。そもそも、「台湾統一」への野望を燃やし、ことあるごとに台湾周辺で軍事演習を行っているのは中国ではないのか。

「外部勢力と結託し、台湾独立を図るいかなる挑発行為も失敗に終わる運命だ」「日本に媚び、台湾を売り渡す行為は台湾の民衆に災いを及ぼすだけだ」

中国外務省の報道官は9日、こんな談話を発表した。

在日本中国大使館も同日、「身の程知らずで、でたらめを言っている」「中国の内政に干渉し、台湾海峡の安定を損なう」「台湾は中国の台湾であり、台湾問題を解決するのは完全に中国の内政だ」「もし日本の一部の人間が中国内政と日本の安全保障を絡めるなら、日本は誤った道に入ることになる」などと、半ば恫喝(どうかつ)のような報道官談話を発表した。
だが、麻生氏の発言は、常識的な内容だった。

「『台湾海峡の平和と安定』はわが国はもとより、国際社会の安定にとって重要だ」として、「最も大事なことは『台湾海峡を含むこの地域で戦争を起こさせない』ことだ」と訴え、「日本、台湾、米国をはじめとした有志国に強い抑止力を機能させる覚悟が求められている。戦う覚悟だ」と語ったのだ。
訪台に同行した自民党の鈴木馨祐政調副会長も9日夜、BSフジ番組で、麻生氏の講演について、「政府内部を含め、調整をした結果だ」と述べた。相当に配慮したものであることを示唆した。

むしろ、中国こそが、台湾海峡の危機を高めている。

習国家主席は昨年秋の中国共産党大会で、台湾問題について「祖国の完全統一は、必ず実現しなければならない」「決して武力行使の放棄を約束しない」と述べた。昨年夏、ナンシー・ペロシ米下院議長(当時)が訪台した際は、台湾を取り囲むように大規模な軍事演習を行い、日本の排他的経済水域(EEZ)にも弾道ミサイル5発を撃ち込んできた。

まさに、「お前が言うな」という感想しかない。

中国に精通する評論家の宮崎正弘氏は「麻生氏は『日本が戦う』と言ったわけでもなく、今の国際常識を述べたに過ぎない。中国の反発はルーティンワークみたいなところがあるし、台湾問題で危機を高めているのは間違いなく中国自身だ。逆に、日本政府の中国に対する姿勢は弱腰ではないか。いつも『極めて遺憾だ』と言うだけではなく、もう少し強めの言葉を打ち出した方がいい」と話した。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:00  |  台湾  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |