fc2ブログ

2023.08.08 (Tue)


麻生副総裁の台湾演説を批判するパヨクメディア


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


日本は支那と戦う覚悟だ?

麻生副総裁が台湾を訪問した。
それだけでも画期的である。
その麻生氏が日台の連携と防衛力強化の重要性を強調した演説をした。
安倍元首相の霊が乗り移ったかと思うような見事な演説だったが、早速、国内のパヨクメディアが「日本を戦争に巻き込むな」と反対している。

メディアは麻生氏が「戦う覚悟だ」と演説したと書いているが、録画で見る限り事実では無い。

朝日新聞デジタル(2023/8/8)
麻生氏、台湾海峡情勢巡り「戦う覚悟だ」
台北での講演で抑止力強調


台湾を訪問している自民党の麻生太郎副総裁が8日、台北市内のホテルで講演した。中国の軍備増強を前に、台湾海峡の「平和と安定」の重要性を強調し、「日本、台湾、米国をはじめとした有志の国に、非常に強い抑止力を機能させる覚悟が求められている。戦う覚悟だ」との考えを示した。
 麻生氏は講演で、台湾海峡をめぐる情勢について、軍事演習などを行う中国の動きに警戒感を表明。「台湾海峡の平和と安定は日本はもとより、国際社会の安定にも重要」との認識を示したうえで、「最も大事なことは、台湾海峡を含むこの地域で戦争を起こさせないことだ」と語った。
岸田政権内では、中国が台湾に侵攻する「台湾有事」への懸念があることを踏まえ、麻生氏は「金をかけて防衛力を持っているだけではだめ。台湾海峡の安定のために使う明確な意思を相手に伝えて、それが抑止力になる」と主張。「日本の毅然(きぜん)とした態度は岸田政権以後も変わらない」と述べた。(台北=白見はる菜)


日刊ゲンダは更に煽っている。

日刊ゲンダイ(2023/8/8)
麻生太郎氏また失言!
台湾で「戦う覚悟」の“リップサービス”に《巻き込むな》と批判殺到


自民党の麻生太郎副総裁は8日、台北市内で講演した。Ⅹ(旧ツイッター)では「台湾訪問中」がトレンド入りし、世間の関心を集めたのは講演での“リップサービス”だ。
中国が軍事的圧力を強めるなか、台湾海峡で戦争を未然に防ぐためにも、日本や台湾、米国は「戦う覚悟」を示す必要があり、それが抑止力になると主張したからだ。
麻生氏は「有志の国々に非常に強い抑止力を機能させる覚悟が求められている時代はないのではないか」などと鼓舞したつもりだろうが、戦いとは無縁であろう日本人政治家からのメッセージ。台湾の若者にも迷惑だろうといった批判の声が相次いでいる。
《闘うのは我々現役世代。勝手なリップサービスは迷惑極まりない。戦争を防ぐべく政治家は存在している》《すでに中国に機密情報ダダ漏れですし。。台湾もいい迷惑だと思う…》《アジア諸国に迷惑かけるな》《本当に迷惑なジジイやね。自分が竹槍持って戦う分には勝手にしろだが。他人を巻き込まないでほしい
同日、松野博一官房長官は、麻生氏の台湾訪問について「政府としてコメントすることは差し控えたい」と話したが、台湾の人たちには余計なお世話だろう。


産経新聞も「中国の反発招く可能性も」共同新聞の記事を配信している。
産経新聞、お前もか・・・

産経新聞(同上)
「戦う覚悟」で抑止力強化 麻生太郎氏、台湾訪問中に講演 
中国反発招く可能性も


自民党の麻生太郎副総裁は8日、訪問先の台湾で講演した。軍事的圧力を強める中国を念頭に、台湾海峡の平和と安定には強い抑止力を機能させる必要があり、そのために日米や台湾には「戦う覚悟」が求められていると主張した。挑発的な発言と受け取られかねず、中国のさらなる反発を招く可能性もある。(共同)

しかし夕刻になって講演主旨を出した。

産経新聞(2023/8/8 20:26)
「大事なことは台湾海峡を含むこの地域で戦争を起こさせないこと」
自民党麻生副総裁の台湾基調講演要旨


【追記】

202308081.jpg

今日の「あさ8」は島田洋一先生を招いて・・・

「LGBT法とエマニュエル大使」
「ニューヨークの移民問題」
「外国籍の子の在留特別許可」
「次の総理は石破氏がトップ」
「秋本議員が1000万円受領」
その他を論じている。

見損じた方は是非ともご覧頂きたい。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

20:43  |  台湾  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |