fc2ブログ

2021.03.18 (Thu)


尖閣問題に手を打たない政府と無視するメディア


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

政府はなぜ支那共産党にビビるのか

2012年、当時の石原慎太郎都知事が尖閣諸島を購入を決め、賛同者からの14億円の寄付金も集まったところで、当時の民主党政権の野田佳彦首相が横取りして国有化してしまった。
支那を刺激しないためだと後に野田氏は語っている。

では支那は刺激されないから何もしなかったか。
その反対である。
日本政府の弱腰に付け込んで、ますます尖閣取りに出て来た。
そして現在の危機的状況に至っている。

今日まで、34日連続で支那船が尖閣周辺に姿を現わしている。
そのうち一隻は機関砲らしきものを搭載していたという。
明かに海警法による軍艦である。

なお14億円の寄付金については、小池都知事が人工衛星による尖閣諸島監視システムの資金にするとか調子のいい事を言っていたが、その後人工衛星を飛ばしたのかどうか寡聞にして知らない。

恐らく、武漢ウイルス関係の広報に使い果たしてしまったに違いない。
自粛を促すカタカナ英語のポスターを作ったり、大相撲の千秋楽で幟(のぼり)を立てて土俵の周りを回ったりしたから、一銭も残っていないだろう。

ZAKZAK(2021/3/18)
尖閣に行政標識設置を! 
石垣市長が思い激白「国内外に日本の領土と示すため、いち早く上陸許可を」


202102260.jpg

沖縄県石垣市が、尖閣諸島に住所地の字名「登野城尖閣」を示す行政標識の設置を目指して動き出している。これに対し、日本政府は慎重姿勢を崩さず、設置のための上陸を認めない方針だ。

(中略)

加藤勝信官房長官は15日の記者会見で、「政府は原則として政府関係者を除き、何人も尖閣諸島への上陸は認めない方針だ」と語った。政府高官は上陸申請を不可とする見通しを示している。

これに対し、石垣市の中山市長は「国有化された以上、国の許可なく尖閣には上陸できない。ただ、周辺海域には中国海警局の船が連日侵入し、海警局に外国船舶への武器使用を認める海警法も施行された。事態は緊迫している。
国民の(行政標識設置を求める)声が強まれば、必ず上陸できると信じる。
自治体と国、国民が一丸で動き、船の安全を守る灯台や気象観測施設、無線中継基地などの設置にもつなげたい」と語っている。


日本のメディアはなぜ石垣市長の声を拡散して国民の協力を得ようとしないのか。
14億円の寄付金も集まったほど、国民の意識は高い筈だ。

しかし日本のメディアに期待するのは無理というものだろう。
なにせ支那共産党の走狗だからである。

↓↓↓クリックよろしく


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:28  |  尖閣諸島問題  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |