FC2ブログ

2020.09.18 (Fri)


日本は米中のバランサーになれと玉川 徹


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

辞めても安倍憎しの吉永みち子

今日も相変わらずのテレ朝「モーニングショー」。
吉永みち子と玉川徹が反安倍・親支那を主張した。

テレ朝「モーニングショー」(2020/9/18)
緊迫 選挙プランナーと朝食 支持率6割強 解散は?


菅首相の支持率が安倍政権発足当時よりも多い。
菅さんは選挙プランナーと朝食をした。
すわ解散かと雀が騒ぐ。

2020090800.jpg

(私がコメントするの?)

吉永みち子(作家)
「安倍さんは自分がやりたい願望が第一であって、何があっても憲法改正と言うような大きな理想を掲げて、そのために国民のことが二の次、三の次になっていることに対して、菅さんは何となく今、目の前にある事をやるという、この姿勢に対してちょっと新鮮味を覚える。
ここで解散総選挙となると一気に失望する


「憲法改正」は自民党結成の党是であって、安倍前首相の個人的願望ではない。
国民のためにも一番大事な事だ。
憲法改正に反対するパヨク作家の意見にすぎない。
解散総選挙に反対するのは朝日新聞や大敗が予想される枝野新党「立憲民主党」と同じ穴のムジナだ。

長嶋
「だいたい二世というのはあまり大したことはない。私も含めて」


安倍さんとお前を比べるのか。
お前のオヤジは神宮球場の早立戦などで派手なプレイをして話題になった。
簡単に取れる球をワザと出遅れてギリギリで捕ってファインプレイにしたり、敬遠される球を無理に打とうとして木村投手に三振を食らったスタンドプレイを今でも覚えている。

ウォールストリートジャーナル(米)、BBC(英)、AFP(仏)の報道では、菅首相は外交の素人だと言われていると。

これに噛ませ犬役(実はブルドッグ)の田崎史郎氏が反論。

田崎史郎
「これは多分、日本国内の報道を見てそうなっている。菅さんは官房長官として、‎目立たないように控えめに外交をしていた。
コロナ禍に入る前迄は年に2-30人の中国、韓国、米国の要人と会っていた。
そのことは殆ど報道されていない。
菅さんは報道されないように密かにやっていた。
会談に同席した人の話によると、相手が知りたいことにキチンと答えていて相手との会話がしっかりと成り立っていたと。そういう意味で不安はないと言っていた。
今度の阿達(雅志)補佐官が注目の人事だ。
トランプ氏が当選するだろうと予想して安倍首相がトランプタワーでトランプ氏と会うように説得したことにも関わった。
アメリカだけでなく中国にも強いので、外務省ルートと阿達さんルートの情報で菅さんは判断するだろう」


これは心強い。

高橋浩裕(元朝日新聞記者)
「ニューヨークタイムズはトランプ大統領が再選された場合には、魔法でも使わない限り安倍首相・トランプみたいな緊密な関係は築けないと書いている」


朝日とNYTはズブズブの関係だということは先刻ご承知の通り。
トランプ氏が当選する11月にはフェイクニュースだと判明するだろう。

田崎
「安倍さんは菅首相に求められれば力になると言っている」

吉永
「安倍さんはあまり前に出て来ない方がいいと思う」


どうしても安倍嫌いの吉永。

中国紙が菅夫人が控えめで賢いという報道をしたという話題で・・・

吉永
「なんかそういうのを聞いてると、なんか凄く日本人って、ますます情に訴えられて、支持率とかそういうのものに影響する。日本では支持率なんてワケ分かんないじゃないですか。なんか辞めるというと上がっちゃうとか、何にもしてないのにスゲー凄い事になるという、そういうものは情なんですよね。
情で票が動くという国じゃないですか。理ではないですよね。
やっぱりこういうのは理で見ないといけないと思いますけどね」


パヨク作家こそ理ではなくて劣情で動いている。

支那の醜菌兵と李首相がダブルで祝電を送って来たのは異例だという。
アメリカに叩かれて日本を味方に入れたいだけだ。
騙されてはならない。
日本は第二の韓国になってはならない。そんなことはあり得ないが。

玉川徹
「日本は地理的にもアメリカと中国という二大国の間にある」


地理的には二大国の「間」ではないだろう。
アメリカ大陸とは遠く、支那大陸の軒先だ。

玉川
「これからは中国とアメリカの間で日本の取り合いになる」


そんなバカな。 己惚れるな!
日米同盟があるでないか。
文在寅のような事をいうでない。

玉川
「日本はアメリカの同盟国だから中国とは付き合わないと言ったら、これから中国がどんどん強くなって来て、経済的にはアメリカより中国との関係の方が強い。
これから外交の正念場だ。
今迄はアメリカと仲よくしてさえいればよかった。
アメリカとの外交だけが外交だったけど、違います


アメリカとの外交だけが外交だったというのは「違います」。

田崎
「玉川さんの言うとおりだ」


オイオイ!

玉川(嬉しそうに)
「これからは日本の地位が物凄く高くなる」

玉川に言われなくても、支那を無視しても日本の地位は高くなる。

田崎
「日本を守ってくれてるのは中国でなくてアメリカだ。
アメリカとは決して喧嘩できない。
多少は無理筋でも注文つけることで日米関係が空洞化する事は本当に怖い。
日米基軸でやっていく以外にない」

吉永
「ただ同時に今の日本の経済状態を考えた時に、やはり中国との経済的な繋がりというのは同盟的なつながりの
強化が見えて来ることによって、上手く行かなくなってしまうという事もある訳ですよ」

羽鳥慎一MC
「そうですよね」

田崎
「でも、中国はそうであっても日本に寄って来ている。
アメリカとの同盟が固い事を知りつつ、でも寄ってくる

吉永
「でも安倍さんは敵基地攻撃能力について、『年内にそれを決めろ』みたいな事が出て来ると、ミサイル防衛とかそういうものが関わって来ると、今の日米関係よりもっと突っ込んだ形になった時に、中国が今のような形の新しい関係の提案がお互いに出にくくなる状況を作るようなことは避けた方がいいのではないか」

田崎
「アメリカと一緒に自分の国を守るという以外に、今、外交の選択肢はない。
その枠内で中国との経済関係を強めて行く、その両方をやらざるを得ない」


今やチャイナ・デカプリングの時代だ。
昔からの少数民族弾圧や香港の弾圧に加えて、武漢ウイルス禍で世界中が支那の汚さが分かった。
世界は支那に賠償を求めている。
支那にある日本企業は引き上げるべきだ。

日本の脱亜入欧が怖い支那

20220091801.jpg

高橋浩裕(元朝日新聞記者)
「中国の専門家の話では、中国にとって最悪のシナリオは日本が米英豪加ニュージーランドの「ファイブ・アイズ」に参加することだと。
英語圏の国と日本が一緒になって反中国の包囲網を作ることが中国にとっては最悪だと。
昔の『脱亜入欧』みたいになるのが最悪なので、日本が日米同盟を維持して行くのはいいが、中立で居ることが望ましいと言っていた」


福沢諭吉翁の「脱亜入欧」は今の時代でも正しい。

長嶋
「なんか聞いてて難しいね。眠くなっちゃった!ゴメン
菅さんは空手をやってたし、断固とした姿勢で日本国を守る立ち位置で考えて頂きたい」


お馬鹿キャラで売っている長嶋クン、たまにはいい事を言う。

↓↓↓クリックよろしく


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

13:53  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |