FC2ブログ

2020.09.11 (Fri)


安倍首相 異例の「敵基地攻撃能力」談話


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

制服を選択制にせよという愚論

今日、TBS「グッドラック」で「学校の制服を選択制にしろ」と滅茶苦茶な事を言っていた。
生徒がそれぞれ好きな服を着たら「制服」でもなんでもない。

ブログ主が遠い昔、高校生だった頃、女生徒の制服を投票で決めることになった。
自分は昔ながらの細かいプリーツのロングスカートが好みだったが、女生徒は当時としてはモダンなプリーツ無しのショートスカートを選んで落胆した記憶がある。

それはさて置き、テレビの話題は「スカートを履くのが死ぬほど嫌いな」女生徒が署名活動をして一万人超の署名を集めたとか。

この女生徒はトランスジェンター(性同一性障害)だそうでご同情申し上げるが、だからといって校則を変えろというのはいかがなものか。

それに悪乗りする馬鹿が「自由」を叫んで世に蔓延るのは許せない。
乙武洋匡がとても良いことだと激賞したとか。
ちょっと違うのではないか。

安倍総理 今年中に「敵基地攻撃能力」を実現か

安倍総理が年末までに新しい防衛政策を示すと談話で発表した。
陸上ミサイルの設置を断念した日本は支那や北朝鮮のミサイルに対して丸裸同然だから当然である。

産経新聞は12日、一面トップで報じた。

産経新聞(2020/9/12)
首相が安保談話
敵基地攻撃能力 保有促す
迎撃に限界、年内に方策


安倍晋三首相は11日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア(地上イージス)の配備断念を受けた安全保障政策に関する談話を発表した。
敵ミサイル迎撃に依存した従来の防衛に疑問を呈し、安倍内閣が敵基地攻撃能力を念頭に検討した「ミサイル阻止に関する安全保障政策の新たな方針」に基に与党との協議を経て、年末までに「あるべき方策」を示すとした。

(以下略)

産経新聞(同上)
首相、異例の安保談話で路線継承へ道筋


2020091200.jpg
記者団の取材に応じる安倍首相=11日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は11日に発表した談話で、「ミサイル阻止」に向けた新たな安全保障政策に道筋をつけた。辞意を表明した首相が個別の政策課題について談話を発表するのは異例だ。

 首相は当初、敵基地攻撃能力を含む敵ミサイルへの対処能力について、今月末までに方向性を打ち出す方針だった。平成29年に島嶼(とうしょ)防衛用の中距離ミサイル導入を決定した際、敵基地攻撃能力が本来の用途だと周囲に明かしており、今回の検討は真意を明確にする作業でもあった。

 首相は病状の悪化で退陣を余儀なくされたが、あきらめなかった。辞意を表明する直前に国家安全保障会議(NSC)を開き、新たな安全保障政策に関する素案もまとめさせた。

 政府関係者によると、11日に発表された談話は素案と比べれば簡素な内容で、次期政権に検討を委ねた形だ。閣議決定もしなかったため法的拘束力はない。

 とはいえ、談話は政治的な拘束力を持ちうる。後継首相を決める自民党総裁選で、優位に戦いを進める菅義偉(すが・よしひで)官房長官が「安倍総裁が全身全霊を傾けて進めた取り組みをしっかり継承する」と強調しているなら、なおさらだ。

 安倍政権では、他国との情報共有に必要な特定秘密保護法、集団的自衛権の限定行使を認める安全保障関連法など重要法案を成立させた。「ひそひそ話をしても逮捕される」「徴兵制につながる」…。今では笑い話にもならないデマが大手を振るい、内閣支持率の押し下げ要因となった。

 後継首相が敵基地攻撃能力の取得に乗り出せば、同じような困難に直面するかもしれない。それでも国の存立にかかわる重要課題に取り組むのが「安倍路線の継承」だ。首相談話は、新政権に課せられた重い宿題となる。(杉本康士)


河野大臣9月総選挙説は失言か

TBS「ひるおび」(2020/
早期解散・総選挙の可能性
政治日程から読み解くXデー


八代英輝(国際護士)
「武漢ウイルスが小康状態にある今が解散は絶好のタイミングだ。
世論調査や支持率を見てると、ご祝儀相場なのか安倍総理への評価なのか意見は分かれるが、自民党の支持率は上がっている。
絶好のタイミングだ」

田崎史郎(政治ジャーナリスト)
「10月解散、11月選挙とか、あるいは10月中に選挙を終えるとかの可能性の方がいいということだ」


河野太郎防衛相がアメリカのシンクタンクのオンライン・イベントに参加して、10月中の解散総選挙を示唆した。

河野防衛相
"We expect early,you know,election probably sometime in October or maybe in October.
And then we gonna be ready for Tokyo Olympic Paralympic games next year"


「10月のどこかで、多分10月に」と言い換えている所が微妙だ。

河野氏の発言は自民党政権幹部の批判を浴びているとしたTBS政治部デスクによると、「河野さんの官房長官起用はなくなった」としている。

田崎氏は18日の臨時国会では解散宣言は無いとした。

田崎
「臨時国会をもう一度召集して、そこで所信表明をやって、代表質問やって、それから解散ではないか」


「どこまでも付いて行きます下駄の雪」の公明党山口代表は河野発言に不快感を示したが、田崎氏は楽観的だ。

野党はまた野合して新しく「立憲民主党」を作ったが、数合わせに過ぎず、不人気な共産党も付いてくるというから、野党を叩き潰す絶好のチャンスではある。
もっとも、野党はすでに壊滅状態ではあるが。

龍崎 隆(流通経済大学教授、元TBS解説員、元毎日新聞記者)
「東京問題と言ったのは菅さんだ。
解散出来るかどうか、東京にかかっているというところに菅さんは自分で追い込んだ。
東京だけ選挙をやらないわけには行かない」


小池都知事の肩を持つ龍崎氏。

GOTOトラベルキャンペーンから東京を外したと小池派は言うが、小池都知事は何度も東京から出るなと都民に釘をさした。
だから東京だけキャンベーンから外したというのは逆恨みである。

その東京も来月からGOTOトラベルに参加できる。
いずれにしても政界の古狸と、古狸に寵愛される東京パンダは政治の世界から早く消えて欲しいものだ。

↓↓↓クリックよろしく


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:59  |  安倍談話  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |