FC2ブログ

2020.08.09 (Sun)


「日韓は互いに知恵を絞れ」とTBS「サンモニ」で朝日新聞


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍総理は「コソ泥」だと朝日新聞コメンテーター

TBS「サンモニ」(2020/8/9)
「GOTO」知事から見直し意見
"コロナ禍" 経験のない夏


ナレーション
「全国知事会でもGOTOキャンペーンの見直しを求める意見が相次ぎました」


GOTOトラベルに反対する知事の声だけ流して、賛成する知事の声はスルーするチェリーピッキングはTBSの常套手段。

反対
沖縄、神奈川、愛知、石川、福井、宮崎、福島・・・

安倍内閣の支持率がまた落ちたぞ!

2020080901.jpg

おめでとう。TBS効果が十分達成された!

寺島実郎
「今ホントにやらなきゃいけないのは、国民にこの状況を的確に説明して、何が対策として取られるべきなのか、ワクチンの問題も含めて、国会を開いて国民にしっかりと『我々はここまでやってるんだ』と。
だから付いてきてくれということをしっかり説明し切って、進まないと本当にこの8月は大きな転機になりかねないなと思う」


政府の足を引っ張ることだけが目的の野党を相手に無駄な国会を開く必要はまったく無い。
時間と金の無駄遣いである上に、政権の武漢ウイルス対策の妨げでしかない。

ワクチンはまだ世界で開発中であり、日本は製薬会社アストラゼネカから1億2000万回分を来年初めから購入することで合意し、今月から治験に入る。

現政権は決して無為無策ではない。
西村担当相は連日記者会見をして状況の説明をしている。

強いて言うならば、みなさまの反日NHKを解体し、国営放送にして毎日情報を提供すればいい。

2020080900.jpg

高橋純子(朝日新聞論説兼編集委員)
「寺島さんの国会を開けというのは、まさにその通りだ。
内閣支持率が下がっているという話だが、『まあ、そりゃ、下がるよね』という感じだ。
初期の頃は安倍総理の顔が見えた、声がしていたという局面があったが、今は殆ど顔が見れない、声が聞こえない、もはや、やる気を失ってるんじゃないかというような気すらする。

これは事実かどうかは別にしても、そういう風に、やる気を失ってるんじゃないか、一国のリーダーがやる気を失ってるんじゃないかと国民に思わせている事自体が政治リーダーとしてのあるべき姿としては大きく掛け離れてるんじゃないかという風に思う。
リーダーシップをあまり請求しすぎると言うのは私もいかがなものかとは思うが、このコロナという局面において、政治のリーダーの顔が見えない、国民に何を要請し、どうして欲しい事すら自分の言葉で的確に語らないというのはヒジョーに残念な政治の姿だと思う」


安倍総理がやる気を失ってるなどとは更々思わないが・・・

さすが安倍総理の葬式を出すのが社是と言われる朝日新聞様のお言葉である。

「敵基地攻撃能力」ハンターイ!

ナレーション
「敵地攻撃能力は一般にはアメリカの役割とされてきました」

ナレーション
「戦後、日本が続けてきた専守防衛を揺るがす提案をめぐって、公明党からも懸念の声が上がるなか、安倍総理は木曜日、広島で・・・」


2020080903.jpg

香田洋二元自衛艦隊司令官
「あまりにも性急で荒っぽい」


と反対したとか。
「サイテーテーモーニング」はこの言葉を金科玉条のようして大喜び。

松原耕二が黒板を使って反対運動を展開。

松原
「日本が先制攻撃をして戦争を起こしてしまう可能性もあり得る。東アジアの不安定化を生む。
ある種の便乗だ


しかし、戦争の抑止力として有効な「敵基地攻撃能力」は保持すべきだろう。
「便乗だ」批判はテレ朝「報ステ」の後藤謙次とまったく同じ。

寺島実郎
「世界の目線からすれば、日本はまた真珠湾攻撃をやる積りかという事になってしまう。
東アジアの状況は物凄く切迫していて、中国が台湾を武力解放するのではないかと。
台湾が独立指向を高めれば高めるほどる
更に、アメリかは「香港の次は台湾」だとして台湾防衛によりコミットメントしていくことになれば、我々日本人は事態が切迫していると気が付かなきゃいけない。
台湾には米軍基地はひとつも無い。
米中で武力衝突がもし起これば、沖縄の米軍基地、岩国の米軍基地が自動的に巻き込まれて行ってしまう。
沖縄や岩国が攻撃されれば、まったく不必要な中国との戦争なんて事態に巻き込まれる。
台湾問題がエスカレートしていく時に、日本がどういう外交戦略で向き合うのかという議論をいま国会で議論しなければならない時期だ。
だから敵地攻撃なんて言ってるうちに、国が道を間違えることによって、国民がどれほど不幸になるかということを長崎の原爆を含めて、我々はいま見つめているわけだ」

吉田文彦(長崎大学核兵器廃絶センター長)
一つ間違えれば、第三・第四の被爆地が出来てしまう危機がある選択だと思う」(以下略)

高橋純子
「言葉を変えて誤魔化せばいいという問題ではない。コソ泥だと思う。
安倍総理はやる気を無くしていると言ったが、この問題については自ら前に出て発言をしている。
やりたいことがあるならば、まずやるべき事からして頂きたい」


自国の首相をつかまえて「コソ泥だ」とコキ下ろして憚らない朝日の女記者。

「やる気がない」と腐しておきながら、敵地攻撃の保有については「やる気を出すな」という朝日新聞の二律背反(笑)

長谷川幸洋氏は言っている。

「いつ実現するか分からない『敵基地攻撃能力』の保有をうんぬんしているような局面ではない。そんな絵に書いたような話は、尖閣情勢を安定させてから議論すればいい」

徴用工、日韓問題「互いに知恵を絞れ」と朝日新聞

高橋純子(朝日新聞論説兼編集委員)
「資産の現金化だけは何とか食い止めなければ大変なことになるので、両国政府は知恵を絞らなければならない。
あっちが悪いとかそっちが悪いとかお互いに言い合ってるだけ
で、知恵を絞ると言うのが外交のワケだから。
両国政府が歩み寄って何とか解決の糸口を見つけて欲しいと思う」


これが朝日新聞スタンダードである。

日本が「知恵を絞る」必要などさらさらない。
国家間の国際条約を淡々と守るだけである。
韓国が国家間の約束を破れば、日本としてはそれ相応の対応をとるだけの話である。

↓↓↓クリックよろしく


FC2バナー2







16:21  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |