FC2ブログ

2020.08.03 (Mon)


支那・二階・石破・小池ラインは要注意!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

支那当局が漁船群の尖閣領海侵入を予告

支那は武漢ウイルスを世界中に撒き散らし、世界の各国を半ば麻痺状態に陥らせている。
日本も例外では無い。
メディアは連日「新型コロナ」の話題で持ち切であり、テレビはチャネルを変えても必ずどこか局で武漢ウイルスの話題を取り上げている。

しかし、支那はチャンスとばかりに着々と海洋覇権拡大の手を打っている。
今日の産経新聞朝刊の一面トップは、支那が日本に対し尖閣諸島に漁船団を派遣すると予告し、「日本政府はそれを制止する資格はない」と宣言したと伝えている。

何と言う厚かましさだ。
はや一刻の猶予もならない。
日本政府は断固として尖閣諸島防衛の意志を具体的な形で表明すべきだ。

産経ニュース(2020/8/2)
<独自>中国、漁船群の尖閣領海侵入を予告「日本に止める資格ない」


中国政府が日本政府に対し、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での多数の漁船による領海侵入を予告するような主張とともに、日本側に航行制止を「要求する資格はない」と伝えてきていたことが2日、分かった。16日に尖閣周辺で中国が設定する休漁期間が終わり、漁船と公船が領海に大挙して侵入する恐れがある。日本の実効支配の切り崩しに向け、挑発をエスカレートさせる可能性もあるとみて日本政府内では危機感が高まっている。(半沢尚久)

 大挙侵入予告といえる主張を伝えてきたのは、7月2~5日に中国公船2隻が尖閣周辺の領海に侵入して操業中の日本漁船1隻に接近し、平成24年の尖閣諸島国有化以降で最長の39時間以上も領海にとどまった時期だ。
 中国政府当局は「日本の海上保安庁は(尖閣周辺で)1隻の日本漁船すら航行するのを止められなかった」と批判。
「数百隻もの中国漁船の(尖閣周辺での)航行を制止するよう(日本が)要求する資格はない」
と述べた。
 日本政府高官はこの主張を「意趣返しの意思表示で休漁明けの挑発を正当化する布石だ」と指摘する。
 尖閣周辺では28年の休漁明けに4日間で延べ72隻の漁船と延べ28隻の公船が領海侵入した。30年以降は中国当局が尖閣周辺に漁船が近づかないよう指示していたとされる。
 今年は、4月に予定していた中国の習近平国家主席の来日の延期が3月に決まると、4月14日から尖閣周辺で公船が確認され続け、今月2日も接続水域を航行。111日連続の確認で、国有化以降で最長の連続日数を更新している。


(同上)
尖閣領海侵入時にミサイル艇展開 中国軍が海警局と連動


2020080301.jpg

この地図を見ると慄然とする。
もはや海上保安庁の能力と権限の範囲を超えている。
事を荒立てない様にと、いままで日本政府は海上自衛隊の派遣を控えて来たが、尖閣諸島を断固として守るという意志を示すには海自の出動しかない。

石原慎太郎都元知事は尖閣諸島防衛に強い意志を示したが、小池都現知事はまったく無関心。
毎日テレビで武漢ウイルス新感染者数を公表してスタンドプレイを楽しんでいるだけである。

その小池は、一説によれば、石破茂議員に取り込んで、石破が首相になった折には国政に復帰する魂胆らしい。
いかにも説得力のある予見である。

支那はその石破茂に目をつけアプローチを始めたという。
支那・二階・石破・小池という日本崩壊ラインの存在を今こそ注目すべきだろう。

産経ニュース(同上)
石破氏に中国が熱い視線 ポスト安倍へ試される外交力


「ポスト安倍」を目指す自民党の石破茂元幹事長が、次の日本のリーダー候補として外国から熱い視線を送られている。安倍晋三首相に比べて「外交のイメージが薄い」(石破氏周辺)と評されてきたが、次期首相となれば即、百戦錬磨の各国首脳と渡り合う能力が求められるだけに、“不得意分野”を克服できるかが注目される。
 石破氏は7月31日、国会内で中国の孔鉉佑(こう・げんゆう)駐日大使と会談し、香港情勢など東アジアの安全保障環境について意見を交わした。習近平国家主席の国賓来日の是非に関しては、安倍首相が要請した手前、周囲が論評するのは適当ではなく、あくまで首相の考えに委ねるべきとの趣旨の発言をしたという。
 会談は中国側の要請で実現した。孔氏は周囲に「石破氏とは旧知の仲。陣中見舞いだ」と語ったが、石破氏が日中国交正常化を成し遂げた田中角栄元首相を政治の師と仰いでいることを踏まえ、接近しているのではないかとの見方もある。
 石破氏は世論調査でも将来の首相として支持が高く、中国以外の国々の要人からも注目されているようだ。最近は欧州の複数国の要人から大使館での昼食会に招かれたという。
 石破派関係者は「首相になる可能性が高いと分析しているからこそ、人脈を築こうと動いているのだろう」と語っている。


石破は集金PAYの国賓招聘中止要請に合意しなかった。

「石破氏は次の総裁選を見据え、党内に強い影響力を持つ二階氏に9月に予定される派閥パーティーの講師を依頼している。国賓来日に反対しなかったのは、中国との関係改善を重視する二階氏への配慮との見方があり、実際、石破派幹部は「二階氏の考えにも合わせたのだろう」と語る。(産経7/16)

集金PAY・二階・石破・小池ラインは国を滅ぼす。

↓↓↓クリックよろしく


FC2バナー2







テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

17:17  |  -支那  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |