FC2ブログ

2020.06.10 (Wed)


自主防衛の覚悟を持とう


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

石破茂党員が次期首相候補一位の怪

今日の予算委員会のNHK国会中継で玉木雄一郎(国民民主党代表)が安倍首相に質問している時、後方に石破茂議員の姿が見えた。
直近の世論調査では安倍首相より人気度が高く、一位だという。

二階氏、石破派パーティーで講演へ「石破氏は期待の星」(朝日新聞)
次期首相候補No.1 石破茂が安倍政治に本気の「否」(NO!)(毎日新聞)


朝日と毎日が支持する石破に投票する国民がそんなに多いとは世も末である。
いい気になった石破は支那とベッタリの二階を派閥の講師に呼んで党内の支持を広げようと画策している。
二階は自民党にとっても日本にとっても好ましくない政治家である。
10月の東京都知事選も小池百合子を支持している。

産経ニュース(2020/6/8)
石破氏、「ポスト安倍」へ党内工作 二階氏に派閥の講師依頼


 自民党の石破茂元幹事長が8日、二階俊博幹事長と国会内で会談した。9月17日に予定する石破派(水月会、19人)パーティーでの講師を依頼し、二階氏は快諾した。石破氏は「ポスト安倍」候補として高い支持を集める一方、来年の総裁選での当落を左右する党内の支持は広がっていない。二階派(志帥会、47人)への接近を足掛かりに勢力拡大を図る思惑が透ける。
(中略)
最近の石破氏は次の首相にふさわしい政治家としてトップにある。5月末に産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が実施した合同世論調査で18.2%となり、安倍首相の12.2%を引き離した。
 首相批判も遠慮がない。7日放送のBS朝日番組では「国会でもっと説明を尽くすべきだ」と強調。対抗軸として存在感を高めようとしているのは明らかだ。
(以下略)

最近、特に安倍批判を強めている。
しかし党内で人気のない者が総裁になれるはずがないし、総理になれるはずもない。

支那に強く当たれ

支那と言えば、武漢ウイルスで日本に迷惑を掛けて置きながら尖閣諸島で公船が支那の領海を侵犯するなと日本の漁船を追い払っている。

2020061000(1).jpg

日本の海保が間に入って日本漁船を助けると、外務省の趙立堅副報道局長が「新たな騒ぎを起こすな」と日本を威嚇した。

これに対し日本の衛藤晟一領土問題担当相が関連映像の公開を「検討中」だと述べた。
検討中とは生ぬるいではないか。
即座に反論すべきである。

産経ニュース(2020/6/9)
日本漁船追尾の中国公船、映像公開を検討 衛藤領土相


衛藤晟一領土問題担当相は9日の記者会見で、5月上旬に中国海警局の船が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に侵入し、日本漁船を追尾した際の関連映像の公開について「関係機関とよく相談したい。今検討中だ」と述べた。
 衛藤氏は「中国公船の数も増え、極めて厳しい状況だ。漁民の安全な操業のため、あらゆることを考えていかざるを得ない」と強調した。


民主党政権の時、支那の漁船(おそらくは漁船を装った工作員)が日本の海保の監視船に体当たりしたことがあった。
菅直人首相(当時)は慌てて逮捕した漁民達を特別機で丁寧に支那に送り返した。
沖縄地検に圧力を掛けたのは故仙谷由内閣人官房長官である。
義憤に駆られた海保の一色正春氏(当時)がsengoku32のアカウント名でYouTubeに体当たり動画を投稿して騒ぎになったことは記憶に新しい。
当時の民主党政権のように隠蔽しないだけまだマシだが、「検討中」とは如何にも生ぬるいではないか。

むしろ民間の方が国土防衛意識が高い。
尖閣諸島を管轄する沖縄県石垣市は尖閣諸島の住所を「尖閣」と明記する議案を提出したという。

産経ニュース(同上)
尖閣の字名変更 石垣市が議会に提案 市議「中国の圧力に屈しない


沖縄県石垣市は9日、行政区域として管轄する尖閣諸島の住所地(字名)を、「石垣市登野城(とのしろ)」から「石垣市登野城尖閣」に変更する議案を同日開会の市議会に提出した。22日に開かれる本会議で可決されれば、日本国の住所地として「尖閣」の名が明記されることとなる。
(中略)
尖閣諸島の字名変更は、日本の実効支配を明確にする上でも注目される。議会関係者によれば、中国の反発などを懸念して革新系の野党市議の一部は議案に否定的だが、多数を占める保守系の市議からは「中国の圧力に屈してはならない」との声が高まっているという。
 自民党の砥板(といた)芳行市議は産経新聞の取材に、「中国は最近、尖閣周辺での活動を活発化させており、フェーズが一段上がった。このタイミングでの字名変更は、尖閣が日本固有の領土であることを改めて内外に示す上でも大きな意義がある」と語った。


ささやかな抵抗かもしれないが、何もしないよりいい。
実効支配を明確に示すために、駐在員を置くとか、石原慎太郎氏が提案したように、台風時の漁船を守るという名目で新しい灯台や退避場を作ればよかった。
石原都知事が募金で都が購入しようとしたら、野田佳彦首相が2012年に20億5000万円で購入し、国有化してしまった。
あの時の募金はどこにいったか知らない。
日本はやることなすことが下手だ。
竹島をみるがいい。知らぬ間に韓国人が住み、軍隊が入り込み、ヘリポートが出来てしまったではないか。

左翼だらけの沖縄県会議員の選挙で自民党が票を伸ばした。
辺野古移設に反対する親支那派の玉城デニー知事が落胆している。

産経ニュース(2020/6/8)
沖縄県議選「非常に厳しい結果」 知事、落胆隠せず
辺野古問題に影響も


 沖縄県議選の投開票から一夜明けた8日、玉城デニー知事を支持する共産、社民両党など県内与党の陣営では、過半数を維持したものの改選前より議席を減らしたことに落胆が広がった。逆に、知事不支持派の自民党陣営では「2年後の県知事選に弾みがつく」との声もあがる。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設反対を掲げる玉城県政だが、求心力の低下は避けられず、今後の県政運営に影響を及ぼしそうだ。
(中略)
争点となった辺野古移設にも、今後の影響は避けられそうにない。玉城氏は「(移設に)反対であるという民意は揺らいでいないと思っている」と強調するが、普天間飛行場のある宜野湾(ぎのわん)市選挙区(定数3)は社民党の現職が落選し、与党1議席、野党2議席という結果に終わった。
(中略)
 自民党県連は今回、県議選の公約として初めて「移設容認」を打ち出した。関係者は「正々堂々と訴え、議席を伸ばした意義は大きい」と自信を深めている。

なんだ、自民党県連はいままで移設を容認してこなかったのか!

支那が香港を取り込んでしまうのは時間の問題だ。
次は台湾であり沖縄である。

トランプ大統領は武漢ウイルス被害で支那を激しく批判しているものの、どこまで日本の味方をするのか分からない。

日本は自主防衛の覚悟をいっそう強く持たなければならない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:04  |  -支那  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |