FC2ブログ

2020.02.22 (Sat)


竹島の日より武漢ウイルスのテレビ報道


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

政府の対応を批判するTBS「報道特集」

今日は島根県が制定した竹島の日。
しかしテレビはほとんどスルー状態で武漢ウイルスで持ち切りだ。

毎日新聞(2020/2/22)
「竹島の日」松江で式典 内閣府政務官が出席 新型肺炎の影響で韓国人活動家来日せず


島根県などは22日、条例で定めた「竹島の日」に合わせて松江市で15回目の記念式典を開いた。政府を代表して藤原崇内閣府政務官が出席し「竹島は我が国固有の領土。正確な理解が浸透するよう、これまで以上に地元と連携しながら発信強化に努める」とあいさつした。
式ぬ典には与野党の国会議員12人を含む470人が参加。県は首相や閣僚の出席を求めていたが、今回も見送られた。政務官の出席は8年連続となる。丸山達也知事は「外交交渉の場で竹島問題が話し合われるよう強く要望する」と訴えた。
 今回は著名な韓国人の活動家、崔在翼(チェジェイク)氏が、日本での新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、来日を取りやめた。会場周辺では街宣活動をする日本の団体が韓国メディアに「出てけ」と怒鳴る場面もあったが、島根県警によるとけが人はなかった。


産経ニュース(同上)

島根県の丸山達也知事は22日、松江市での「竹島の日」式典で「竹島の占拠を既成事実化しようとする動きを強めている」と韓国政府を批判し、日本政府に毅然とした対応を取るよう求めた。

政府は内閣府の藤原崇政務官を送り込み「外交、教育、啓発など様々な場において、一歩も引くことなく我が国の立場を伝えていく」と言ったそうだが、安倍首相が毅然とした態度を取らないからいけないのだ。
それどころか、反対に韓国の外務省からねじ込まれた。

産経ニュース(同上)
韓国が「竹島の日」式典に抗議


【ソウル=名村隆寛】島根県が22日、「竹島の日」式典を開いたことに対し、韓国外務省は同日、在韓国日本大使館の相馬弘尚総括公使を呼び、抗議した。
 同省はまた、「独島(トクト・竹島の韓国での呼称)に関し挑発を繰り返していることに強く抗議し、当該行事を即刻廃止するよう再度、厳重に求める」とする報道官の声明を発表。「独島は歴史的、国際法的にも韓国の領土だ。日本政府は不当な主張を即刻中断し、謙虚な姿勢で歴史を直視しなければならない」と主張した。
日本大使館前ではこの日、市民団体が抗議集会を開いた。


韓国の反日団体は今年はコロナウイルスが怖くて抗議運動のために日本に来なかったそうな。
しかし韓国の方が感染者が多いのだから日本の方が安全かも知れないのに(笑)。

TBS報道特集(同上)
感染症対策から見える日本


なぜ「新型コロナウイルス」としないのか。
番組は政府の対応を批判。

膳場貴子
「クルーズ船の対応に駆け付けたのは、○○と海外派遣移動チームで、そもそも感染対応の専門家ではなかった。SARSや新型肺炎を経ても日本は新しい感染に対する実働部隊が無いままだったという事なんですね、感染症の専門家と政府厚労省の連携にも問題は無かったのか」

加藤勝信厚労相は感染症の専門家を送り込んだと言っているが、どっちが本当なのか。

金平茂紀
「WHOの事務局長がパンデミックをもじってインフォメディックという言葉を使って、不正確な情報が拡散する事の危険性を警告した。
今の様な状態では私達メディアの責任はとても重いと思う。
だから政府や担当官庁はしっかり情報開示してもらいたい」


WHOのテドロおじさんの方がよっぽど「デドロミック」だ。
「メロディアの責任は重い」と言うが日本の反日メディアこそインフォメディックだ。

国会ではまだ阿呆な質疑応答が行われている。

2020022201.jpg

デマノイ和則
「今日降りた500人のなかで、陰性だったが、もしかしたら一人か二人、感染の可能性があるのではないか? 」


そんな事は「神のみぞ知る」。
あるかも知れないし、無いかもしれない。

「そんなの知るか!」と答弁したいが、そういうワケにもいかない。

加藤勝信厚労相
「ゼロの理論というのは難しい。そこも含めて専門家の判断を仰ぎながら対応している」


愚問賢答の見本である。

来週の特集は「朝鮮女子挺身隊 苦しみの日々」だそうだ。
可哀そうに、予告編では朝鮮人のお婆さんが昔の事を思い出して泣いていた。
もっとも彼の国は葬式の時に泣き屋という商売があるぐらいだから、嘘泣きかも知れないが。

支那の走狗であるWHO事務局長のテドロス叔父さんが、感染が拡大しているから各国はもっと対策資金を出せと要求した。
集金PAYに要求されて武漢ウイルスの非常事態宣言を下さなかったのはどこのどいつだ。

毎日ニュース(同上)
新型コロナめぐりWHO事務局長 感染拡大封じ込める機会狭まる」


WHOのテドロス事務局長は21日の会見で、新型コロナウイルスの感染経路か不明なケースが中国の外でも増えていることを挙げ、「感染拡大を封じ込める機会は狭まりつつある」と述べました。その上で、テドロス事務局長は必要な対策資金の集まりか鈍いとして、国際社会に関与をステップアップさせるよう呼びかけました。
また、日本やアメリカの専門家を含むWHO主導の講厦チームが22日に武渓に入ると明かにしました。


テドロスおじさんの罷免を要求する署名が何十万も集まったと言うが、その後どうなったのか。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:59  |  支那武漢ウイルス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |