FC2ブログ

2020.02.09 (Sun)


集金ペイは大丈夫かと木村太郎氏


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

ダイヤモンド・プリンセス号は小さな武漢

今日のフジTV「日曜報道 The Prime」の武漢新型ウイルス特集は見どころがあった。
加藤勝信厚労相、田村憲久コロナウイルス対策本部長、木村太郎、山田吉彦東海大海洋学教授の面々が出演。

加藤厚労相はウイルス問題でこのところテレビに出る機会が増えたが、その安定感は次期総理候補としても申し分ない。
尖閣諸島問題などで的確なコメントをする山田教授は今日は出番が少なくて残念。
木村太郎氏が独特の切り口でズバリ物申していた。

フジTV「日曜報道 The Prime」(2020/2/16)
新型肺炎の脅威
ダイヤモンド・プリンセス号


2020020900.jpg

木村太郎
「一番大事なのは、もちろん船の方(かた)も大事だけど、あそこにあるウイルス菌が入って来ないように何をしたらいいかということを最優先に考えなきゃいけないと思う」


日本人の乗客と直接電話インタビューしていたが、最初は冷静だったこの御仁は次第に興奮してきて「危機管理がなってない」と最後は日本政府を批判していた。
想像以上のストレスが溜まってることが分かる。

米国人夫婦がインタビューで日本政府の対応を批判して、アメリカのCNNが連日トップ記事で報道しているらしい。

木村
「CNNの極東担当者が『これて浮かぶ監獄だ』と連日言っていて、何てこと言うんだろうと思っていたら、昨日からパタッと言わなくなった。
何故かと言うとアメリカ人にも死者が出た。初めてアメリカも危機感を持って、これはそういう話じゃないという事が分かり始めた。
アメリカ人夫婦は個別に引き取ってくれというが、これからアメリカも慎重になってくると思う」

加藤勝信厚労相
「我々のプリンセス号の対応にアメリカから謝意を頂いている。14日間の検出期間を船の上で過ごすという事がウイルス感染の拡大を防ぐという観点からも最良の方法であることがアメリカの衛生当局の判断という事で、早期に自国に対して下船出国させる考えはないと聞いている」


今月中に4隻の客船が日本に入港する予定だ。
私事ながら、その内のパシフィックビーナス船は、仕事を頼まれて数回乗船したことがあるので他人事とは思えない。

木村
こういう表現をすると、ちょっと言い過ぎかも知れないけれど、小さな武漢が横浜港沖に居ると思った方がいい。
武漢はとっても可哀そうで何とかしてあげたいが、それ以上に、そこから日本にいろんな物が来ないようにするという事を真っ先に考えなくちゃいけないと僕は思う」

木村
「いろんな意味でチャイナリスクが言われて来たが、これはもしかしたら政治的なリスクになってくる可能性がある。
習近平体制大丈夫なのかなと。ちょっと大袈裟過ぎるかもしれないけれど、中国の王朝は感染症でブッ潰れてるのが多い。
これで中国のGDPは相当下がるから、それを受けて習近平体制は一体どうなって行くのか。」


トランプ氏の大統領当選を予言した数少ない日本の言論人の一人。
また当たるかも。

昨年末、最初に新型ウイルスを発見し、医師仲間に注意を呼び掛けた武漢の李文亮医師が不当な扱いを受けた上、感染して亡くなった。ネットやリアルで市民の抗議運動がたかまっているが支那政府は李文亮事件として全面調査を開始したとか。
どうせトカゲの尻尾切りで終わる事だろう。

「ネット上では、李さんの死去情報が流れた2月6日を『言論の自由の日』に指定するように求める声が出ている」(読売新聞)

松山俊行(MC)が「習近平主席の訪日も難しくなるのではないかという見方もある」とコメントを求めたが、自民党の田村憲久新型コロナウイルス関連肺炎対策本部長は「注視をしている」とのこと。

集金ペイの来日前に打ち合わせに来日する予定だった支那政府の高官の来日が延期されたとか。
新型ウイルスが終焉するまで来日は無理である。
終焉したとしても来る必要は無い。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:21  |  支那武漢ウイルス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |