FC2ブログ

2020.01.21 (Tue)


オーストラリア、桜を見る会、メーガンの三題噺


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


2020012100.jpg

オーストラリアの大規模森林火災の‎救援に自衛隊の大型輸送機2機と自衛隊員が派遣された。
ブログ主は兵器オタクではないが、その昔、C130大型輸送機のプロペラ音のCDを聴いて楽しんでいた事を思い出した。
大量の物資を後方のハッチから呑み込んでしまうC130は実に頼もしい。
今回は東日本大震災でのオーストラリア空軍の支援の恩返しという意味でもあった。

いまや日本とオーストラリアは準同盟国と言ってもよく、移民や土地の買い占めでオーストラリアを乗っ取ろうとしている支那に対抗するためにも友好関係を深めて行く必要がある。
日本でも北海道など土地の買い占めが進んでいるから他人事ではない。

国内では「桜を見る会」騒動がまだ尾を引いている。
廃棄した筈の招待者名簿が見つかり反政権の朝日新聞など野党と共に安倍打倒に燃えている。
公文書管理違反で内閣府の人事課長等が処分されたことでトカゲの尻尾切りだと気勢を上げる。

朝日新聞(2020/1/21)
官僚怒る 桜を見る会で処分は「トカゲのしっぽ切り」


「桜を見る会」の招待者名簿などの違法な管理をめぐって内閣府の歴代人事課長が厳重注意となったことを受け、中央官庁で働く官僚たちの間で波紋が広がっている。首相が公的行事に自分の後援会関係者らを多数招いたことが問題視されているのに、「トカゲのしっぽ切り」として官僚だけが責任を問われる格好になったからだ。
(中略)
 菅義偉官房長官は21日の記者会見で、名簿管理をめぐる自身の責任について記者団から問われると、担当者の責任を強調しただけで、自身の責任には言及しなかった。
(中略)
現場の担当者が処分を受ける一方で、トップの首相や菅氏が不問に付されていることに、霞が関の官僚からは疑問の声が上がっている。(以下有料記事)

昨日のテレ朝モーニングショウでは、この件に関して朝日新聞社員の玉川徹田崎史郎氏が激論を交わしたようだ。
最近、ネットニュースで玉川コメンテーターの話が取り上げられるようになって、玉川コメはご満悦の様で、ますますピント外れの妄言が続いているようだ。

朝日新聞の燃料投入に力を得た野党のR4あたりは元気百倍。
かくして日本の引きこもり政治は国際社会から取り残されて行く。

話変わって、イギリス王室のメーガン騒動。
昨日書いたブログ記事の原稿を誤って削除してしまい、アップする事を断念したが、一言で言えば、開かれすぎた王室の悲劇とも言える。
そもそも悲劇はダイアナ妃から始まっている。
不適格な女性を王室に迎え入れると必ず悲劇が起こる。

数千年も続く日本の皇室は、たかだか数百年の英国の王室とは違う。
しかし日本の皇室が同じ轍を踏まない事を切に願う。
差し詰め、小室某など皇室にとって有害無益であり排除すべきだろう。

なおメーガン騒動については産経新聞iRONNAの記事が面白い。
筆者の谷本真由美氏はTBS「サンモニ」のコメンテーターであり、関口 宏のタレント会社三桂のメンバーである谷口真由美センセと一字違いで紛らわしい。

下のランキングをクリックしてからご覧くだされ。

iRONNA(2020/1/17)
英王室をぶっ壊す? メーガン妃のヤバすぎる「本性」
谷本真由美


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:53  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |