FC2ブログ

2020.01.07 (Tue)


文在寅が新年の挨拶 日本の各紙は・・・


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

ボールを抱えたまま立往生の文在寅

2020010700.jpg

韓国の文在寅が今日、年頭の演説で日韓関係改善に意欲を示したとか。
それにしては、やる事があまりにも敵対的ではないか。
そして日本に要求することは変わらない。
輸出管理の厳格化を見直せと。
想像以上に打撃を蒙っているという事が逆に分かる。

主要3品目について、自国生産の目途が立ったと韓国のメディアは伝えていたが、事実ならそこまで狼狽えることはないではないか。

徴用工について言及しなかったのは「日韓請求権協定で解決済み」という日本の姿勢に反論できず、国内の反日勢力を刺激したくないために、日本から投げ返されたボールを抱えたまま立往生という哀れな姿を露呈している。

それを伝えた日本のメディアの報道内容をみれば、その立ち位置が明かである。

読売新聞(2020/1/7)
文在寅氏、日本次第で「より早く日韓関係発展」


【ソウル=豊浦潤一】韓国の文在寅大統領は7日、「新年の辞」を大統領府で発表した。日本については「協力関係を一層未来志向的に進化させていく」とし、「日本が輸出規制措置を撤回するなら、両国関係がより早く発展していく」と述べた。
 日本の対韓輸出管理厳格化措置の早期解除を最優先で求める方針を示したものだ。「元徴用工(旧朝鮮半島出身労働者)」問題には言及しなかった。


特に日韓関係の部分を取り上げた。

朝日新聞(同上)
東京五輪「南北合同で」韓国・文氏、北朝鮮と協議期待


 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は7日午前の新年の辞で、今夏に開かれる東京五輪に南北合同チームで参加するため、北朝鮮側との協議を進めたい考えを示した。非核化をめぐる米朝交渉が難航するなか、北朝鮮に積極的な対話の必要性を訴えた。
 文氏は米朝交渉の停滞から、南北間の協力も「この一年間、大きな進展がなかった。悔しさは大きい」と語った。そのうえで「韓国政府も米朝対話の促進に努力する」と述べた。
 文氏は南北協力の一環として、東京五輪に触れた。北朝鮮側と「(開会式の)共同入場と単一チームのための協議を継続しなければならない」と強調した。2032年夏季五輪の南北共同開催についても「共に飛躍する絶好の機会」として、実現に向けた努力をすると強調した。
 一方、日本については「一番近い隣人」と表現。対日関係を「未来志向的に進化させる」としたうえで、日本が輸出規制を撤回すれば「両国関係がもっと早く発展することができる」と呼びかけた。(ソウル=鈴木拓也)


見出しも本文も南北融和が中心で、日本関係は最後の2行だけ。
文在寅が徴用工問題に触れなかったこともスルー。
東京五輪で韓国と北朝鮮の合同チームなどお断り、真っ平御免だ。
まず金正恩は応じないだろうが。

これに対して産経新聞は厳しい。

産経新聞(同上)
徴用工に言及せず 新宣言ない文在寅氏、求心力低下は不可避か


【ソウル=桜井紀雄】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が残る任期2年余りの施政方針を表明する「新年の辞」で語ったのは、北朝鮮や日本との関係など対外政策、経済や司法改革など内政でも変わらずに信じた路線を貫き通す宣言にほかならない。ただ、問題の打開策というには具体性に欠ける上、国内の理念対立の要因ともなり得、求心力低下を招く恐れも否定できない。(以下略)

聯合ニュースは日韓首脳の年頭記者会見の違いを示した。

聯合ニュース(同上)
文大統領「日本は近い隣人」 安倍氏は「韓」一文字=新年演説に温度差


【東京聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と日本の安倍晋三首相がそれぞれ行った新年演説と年頭記者会見で、相手国に関する言及のボリュームと内容にはかなりの温度差があった。
文大統領は7日に行った新年演説で韓日間の懸案を取り上げるとともに関係改善に向けて期待を示したが、安倍首相は6日の年頭記者会見で韓国について言及しなかった。
 演説で文大統領は「日本は最も近い隣人だ」とし、両国の協力関係を一層未来志向に進化させていくとの意志を示した。
 また、「日本が輸出規制を撤回すれば、両国関係はさらに早く発展していくことができる」と述べ、懸案について解決策を提示した。 両国関係に直接触れてはいないが、日本の輸出規制措置に対する韓国政府、企業、労働者、国民の対応を説明するなど、文大統領は日本に関する話題に相当な時間を割いた。
一方、安倍首相は年頭記者会見で、安保政策に関して韓米日3カ国の協力に言及した他には韓国について触れなかった
(以下略)

ただ「日本が輸出規制を撤回すれば、両国関係はさらに早く発展していくことができると述べた」ことが解決策とはいかにも韓国スタンスだ。
そんなものは解決策でもなんでもない。
韓国司法の出過ぎた真似を文在寅が正して、日韓条約を守ることが先決だ。
それは出来ないことだろうから、日韓の冷戦はまだまだ続く。

日本としてはボールは韓国側にありという基本姿勢で韓国を無視するのが正しい。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:59  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |