FC2ブログ

2019.12.05 (Thu)


韓国は日本に勝ったと文在寅


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

中国に助け求める

日本にはいつも強面で立ち向かってくる中国の王毅外相が訪韓し、昨日は韓国の康京和外相と会談して「韓国と国際秩序守る」と表明した。

聯合ニュース(2019/12/04)
中国外相「官国と国際秩序守る」韓国外相とソウルで会談


香港の自由を蹂躙し、アメリカを相手に海洋覇権を狙う中国が「国際秩序を守る」とは臍が茶を沸かす。

そして、今日は文在寅にも会って「核のない」平和な朝鮮半島の実現を約束した。
日米に別れを告げ、レッドチームに参加しようとする韓国を応援するということだ。

聯合ニュース(2019/12/05)
文大統領 中国外相と会談=緊密な対話・協力確認


【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は5日、青瓦台(大統領府)で中国の王毅国務委員兼外相と会談し、「朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和構築に向けたプロセスが重大な岐路を迎えている」として、「核のない、平和な朝鮮半島という新しい時代が開かれるまで中国政府が継続して関心を持ち、支援することを要請する」と述べ、中国側の積極的な役割を求めた。
文大統領は「両国の緊密な対話と協力は北東アジアの安全保障を安定させ、世界経済の不確実な状況を乗り越えられる力になる」と強調。「今月に開かれる韓中日首脳会談をきっかけに、両国の対話と協力が一層深まることを期待する」として、「特に、朝鮮半島の平和のための中国政府の肯定的な役割と寄与に感謝する」と語った。
(以下略)

「核のない平和な朝鮮半島」と言っても、金正恩は大国アメリカに対抗して核開発を着々と進めているではないか。
実現不可能の夢物語である。

外交は虚々実々、狐と狸の化かし合いとはいうものの、度が過ぎる。

文在寅は今日、日本の輸出管理強化について、「日本の輸出規制に打ち勝っている」と嘘つき演説をした。
何をもって「日本に打ち勝っている」というのだ。
日本の輸出管理強化に悲鳴を上げて、何とかしてくれと泣きついている癖に、このような強がりを言う。

日テレニュース(同上)
韓国大統領 「打ち勝っている」輸出管理強化


2019120500.jpg

韓国の文在寅大統領は5日、ソウルで行われた貿易についての式典で、日本の輸出管理の強化措置に言及した。

文大統領「私たちは企業家・科学校術者・国民が団桔して.日本の輸出規制に打ち勝っている」

文大統領は日本の輸出管理の強化措置を直接批判することは避けつつも、こう述べて日本側を暗にけん制した.その上で.素材一部品の国産化や輸入先の多角化が進み.「かえって我が国の競争力を高める機会になった」と主張した。
また、韓国側は16日に行われる日韓の政策対話で「両国の輸出管理システムに対する相互理解がより一層推進される」との認識を示している。


日テレは「直接批判することは避けつつも」と好意的に解釈しているが、どう見ても「直接批判」そのものではないか。
「牽制」などというレベルではない。
16日の日韓の対話は「相互理解」ではなくて、輸出管理の向上を求める日本に対して韓国がどこまで応じられるかということである。

でもおバカさんは文在寅だけではない。
GSOMIA破棄に賛成した大多数の国民は、破棄を破棄したら、それにも大賛成というデタラメさ。

一時下がった文在寅の支持率も4ヵ月振りに不支持率を上回ったという。
日本ではあり得ない話だ。

聯合ニュース(同上)
文在寅大統領の支持率が4カ月ぶりに不支持上回る
リアルメーターが発表


【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社、リアルメーターが5日に発表した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前週に比べ0.8ポイント上昇した48.4%だった。不支持率は0.6ポイント下落の47.7%となり、側近のチョ国(チョ・グク)氏を法務部長官に任命する前の8月第2週以来、約4カ月ぶりに支持が不支持を上回った。

中央日報(同上)
「文大統領の国政運営よくやってる」48%…4カ月ぶりに否定評価上回る


せめてもの救いは、韓国でも良識派は存在するということだ。
韓国でも日本でもベストセラーになった「反日種族主義」の共著者のひとりであるイ・ウヨン氏が主導して、慰安婦集会に抗議の集会を開いたという。

中央日報(同上)
水曜集会のそばで「少女像撤去」集会開いた反日種族主義の著者


日本軍性的奴隷制問題解決に向けた「定期水曜デモ」が開かれたソウルの元日本大使館前で少女像撤去を要求する集会が4日に開かれた。
この日午後「反日民族主義に反対する会」「韓国近現代史研究会」などは水曜集会が開かれる場所のそばで記者会見を行い、「少女像を撤去し水曜集会を中断せよ」と要求した。この集会は『反日種族主義』共同著者である落星台(ナクソンデ)経済研究所の李宇衍(イ・ウヨン)研究委員が主導した。
彼らは「日本軍が強制的に連れて行ったという証拠はない」「慰安婦被害者は10代初めの少女ではなく平均20代半ばの成人だった」など事実と異なる主張をしたという。
彼らは「少女像は歴史を歪曲し韓日関係を悪化させる」としながら「(少女像を)公共の場所に展示し大衆に無理に情緒的共感を強要してはならない」と主張した。
水曜集会を「事実上の不法集会」と規定することもした。「外交空間100メートル以内のデモは禁止されているのに水曜集会は記者会見形式で毎週開催されている」としながらだ。
7月の国連人権理事会で日帝徴用に言及し、強制動員の事実はなかったと主張して議論を起こしたりもした李研究委員は発言台に上がり、「少女像は『性的奴隷』だったとする全くでたらめな話を、歴史歪曲をまき散らしている」として水曜集会中断を促した。


慰安婦像と徴用工像を制作したキム夫妻は裁判に訴えると息巻いているが、嘘か真実か裁判で決着をつけるがいい。
とは言うものの、国際法すらヌケヌケと破る韓国の裁判所はまったく信用できないが。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:42  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |