FC2ブログ

2019.11.01 (Fri)


北のミサイル発射 発表遅れた韓国が醜い言い訳


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

精査に時間がかかったと

北朝鮮の刈上げ男がまたミサイルをぶっ放した。
今年はこれで12回目、23発目である。
その都度核兵器の精度を上げて行く。

2002年にブッシュ大統領が北朝鮮を「ならずもの国家」と非難したが、その後民主党のオバマ大統領は北朝鮮に甘く、そして共和党のトランプ大統領ですら、昨年1月に「ならずもの国家だ」と発言したものの、真意かどうかは別として、その後、金正恩を褒め讃えている。
あまつさえ、トランプ大統領は北朝鮮に対して強硬派だったボルトン大統領補佐官をクビにして、危うさが一層増している。

そんな中、金正恩はこれ見よがしにミサイルを発射したが、日本は直ちに感知して近くの海上を航行する船舶に警報を発令した。
しかし、韓国は感知が日本より10分遅れた。
核兵器時代に10分の遅れは致命的だ。
韓国は間違いなく火だるまになる。

ところが、韓国は早くから感知していたが精査のために日本より遅れた、GSOMIAに則って日本には情報開示を求めなかったと言い訳をした。
なんという言い訳の下手な国である事よ。
しかも「日本は北関連情報の収集能力が優れていると誇示するかのように急いで発表する」と難癖を付けた。
いかにも民度が低い。
と言いたくなる。

ソウル聯合ニュース(2019/11/1)
北の超大型ロケット砲 韓国軍「探知は日本より遅くなかった」


 韓国軍の関係者は1日、北朝鮮が前日に実施した「超大型放射砲(多連装ロケット砲)」試射の探知の発表が日本より10分遅かったことについて、「より正確に情報を提供するためだった」としながら探知自体が遅かったわけではないと説明した。
 韓国軍合同参謀本部は10月31日午後4時50分、北朝鮮が朝鮮半島東側の東海に向けて短距離の飛翔(ひしょう)体を発射したと発表した。一方、日本の海上保安庁は午後4時40分に海上を航行する船舶に注意を呼び掛けた。北朝鮮メディアは翌日、前日に超大型放射砲の発射実験が成功したと報じている。
 韓国の飛翔体発射に関する発表は日本より10分遅かったことになる。韓国軍関係者は1日、「わが軍の探知が(日本より)遅かったのではない」とし、「より少しでも正確な情報を提供するためだったと理解してほしい」と促した。 
 別の関係者は「韓米の情報資産(システム)は日本に比べ地理的にも装備水準でもはるかに速く、正確に探知できる」と説明。正確さ重視で国民に知らせようとしたとしながら、「日本より発表が遅かったといって、備えの態勢に問題点があったかのように受け取らないでほしい」と述べた。
 国防部関係者は「北の発射情報を蓄え続けている。具体的に説明できない部分があるが、対応に十分な態勢を備えている」と強調した。
 一方、日本は北朝鮮の今回の発射に関し、韓国に対して軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に基づく情報提供を要請しなかったようだ。
 韓国がGSOMIA終了を決定した後、日本は北朝鮮の短距離飛翔体発射を素早く発表してきた。韓国軍関係者は「以前の日本は韓米と歩調を合わせて発表する姿勢だったが、最近は(日本)独自の北関連情報の収集能力が優れていると誇示するかのように急いで発表する様子」との見方を示した
 韓国が方針を変更しない限り、GSOMIAは23日午前0時に失効する。


日本はGSOMIAが23日に失効しても痛くも痒くもない。
しかし韓国側の言い分がいい。
「延長できるかどうかは日本次第」だと。
アメリカにGSOMIA破棄を叱られて、韓国は日本に対して振り上げた手を降ろしようがない。
実にブザマだ。

共同通信(同上)
GSOMIA延長は「日本次第」 韓国高官発言


【ソウル共同】韓国の鄭義溶大統領府国家安保室長は1日、韓国政府が破棄を決めた日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)について「延長できるかどうかは日本側の態度にかかっている」と強調した。日本が輸出規制強化を撤回すれば前向きに再検討する用意があると重ねて表明した。協定の期限は22日に迫っている。(以下略)

そんな中、韓国のムン悲惨国会議長が来日する。
日本の山東昭子参議院議長は、ムン悲惨に謝罪を求める文書を送ったが返事がないため会談を拒否した。
当然である。

ZAKZAK(同上)
山東参院議長、韓国・文議長との会談“拒絶” 
非礼発言の撤回求める書簡に返信なく


山東昭子参院議長は、韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長との個別会談を拒絶した。慰安婦問題に絡み、譲位前の天皇陛下(現上皇さま)に謝罪を要求する常軌を逸した非礼発言を行いながら、文議長から真摯(しんし)な謝罪と発言の撤回がなかったためだ。参院事務局が10月31日に発表したもので、至極当然の判断といえる。
(中略)
「入国拒否」という選択肢はないのか?


ムン悲惨は5日に早稲田大学で学生相手に「未来志向の韓日関係修復のための提言」と題して特別講演を行うという。
天下の早稲田大学は一体どうしたのだ。
大講堂前の大隈候が泣いておられるぞ。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:27  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |