FC2ブログ

2019.10.24 (Thu)


日韓首相会談の成果なき韓国哀れ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

四面楚歌の文在寅

2019102401.jpg

今日、韓国の李洛淵首相が安倍首相と会談し、文在寅の親書とやらを安倍首相に渡した。
李は昨日、慶大キャンパスで学生達と対話し、1965年の日韓協定は遵守するとリープサービスをした。
しかし、徴用工問題の解決策を提示せず、GSOMIAにも触れず、会談では「話し合いで」の一点張り。
ボールが韓国側にあるということがまだ分かっていないようだ。
10分の予定が20分になったことがせめてものお慰みというところである。

日本は韓国ごときに貿易制裁を仕掛けたつもりはないが、韓国では日本の輸出規制がブーメランとなって日本を直撃し、韓国経済は安泰だと負け惜しみの妄言を吐いた。

韓国のシンクタンクによれば「日韓貿易戦争は日本の判定負け」だそうな。

中央日報(2019/10/23)
韓国民主研究院「韓日の貿易葛藤100日…事実上日本の判定負け」


韓国共に民主党のシンクタンクである民主研究院は23日、韓日の貿易葛藤100日目を迎え、これまでの状況を点検し「事実上、日本の判定負け」と評価した。
チェ・ファンソク民主研究院研究委員はこの日の政策記者会見で「両国の貿易紛争の中間評価は事実上、韓国の判定勝ち」とし、「主要海外機関は韓国経済が深刻な水準の打撃は受けていないと評価した」と明らかにした。
チェ研究委員は「主要な経済指標は輸出規制が日本経済にブーメランとして作用したことを示唆している」とし、輸出・生産・観光関連統計分析の結果を提示した。続けて「既存の憂慮とは異なり、韓国の中小企業の対日本輸出実績は化粧品、電子応用機器品目などを中心に、最近3カ月連続で上昇し緩やかな増加傾向を維持した」と説明した。
(以下略)

日本は滅び行く韓国ごときに貿易戦争を挑発した覚えはないし、あくまで安全保障上の理由で輸出3品目の管理を強化しただけの話である。
GSOMIAの破棄の期限は11月23日に迫っている。
日本は知らぬ顔の半兵衛で無反応だから、韓国は振り上げた拳の降ろし所も分からず困っている。
そんな事をすればアメリカが怒るだろうから見ものである。

文在寅はアメリカにも見放され、金正恩にも見放された。
金は父親の偉業にケチをつけ、金剛山観光地区の韓国側の施設を「気分が悪い」と罵倒し、取り壊すと言い出した。
金に尻尾を振って来た文にとってはこの上ない恥さらしである。

しかも国内ではチヨグクの妻が逮捕され、有罪になる可能性が高い。
自分が大統領の地位を追われた時に、韓国恒例の監獄行きを避けるために、チョグクを法務大臣にして弾除けにしようとした目論見は見事に失敗した。

今後、韓国経済はどん底に落ち込んで文在寅の求心力は完全に失われるだろう。
日本としては対岸の火事として念仏でも唱えながら生暖かく見守ってあげるのがよい。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:16  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |