FC2ブログ

2019.10.21 (Mon)


北朝鮮漁船転覆は日本のせいか?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

北朝鮮に舐められるな

2019102101.jpg

16日午前、日本の排他的経済水域(EEZ)内に侵入した北朝鮮の漁船が水産庁の監視船の放水を避けようとして衝突してきた。
北朝鮮のボロ船は大破して沈没した。
乗組員30名以上が海に飛び込んだので、やむなく救助して北朝鮮側の船に引き渡した。

ところが、違法な行為をした上に助けてもらった北朝鮮は日本の監視船が衝突して来たとして賠償を要求してきた。

水産庁はホームページで当案件の証拠ビデオを公開した。

この件について、昨日のTBS「サンモニ」の松原耕二コメンテーターが、証拠ビデオは全てを公開していないから真相は分からないとコメントした上で、海保だったらもっと上手くあしらえたと批判した。

2019102000.jpg

松原耕二
「映像を公開するのにここまで時間が掛かったのは、日本側に瑕疵がないかどうか確認していたのだと思う。
専門家に伺っても、衝突の直接の原因は北朝鮮の漁船側が日本の放水を避けようとして、あの時避けたのではないかということだが、日本側に弱みがあるとしたら、もし海上保安庁だったら物凄くこういうことに慣れているわけだ。
そうすると、もっと外側からジワジワジワジワ追詰めて行って、ぶっつかることなく出せれたんじゃないかと。
実はそういう弱みがある。
そういう意味では、やつぱり編集したものを今回出したのだが、やっぱり疑念を持たれないように映像をノー編集で出して欲しかったという気持ちがある。
同時にやっぱり水産庁というのは海保と違って実はプロではない。こういう事をするには。
だから、日本海はいま物凄い状態にある種なっているから、こういう事も含め、もう一回、日本の警備体制を確認しなくちゃいけないと思う。」


編集しないで全部出せと無理難題を言っている。
石原慎太郎氏の発言を真逆にテロップ編集するなど、編集はTBSの得意技ではなかったのか?

海保がもっと仕事をせいというのは賛成だが、海保は尖閣諸島やその他の沿岸防備で手一杯だ。

「悪夢のような民主党政権時代」に尖閣諸島沖で、海保の巡視船が中国漁船に体当たりされたことを思いだす。
当時、菅直人首相が山梨県の日教組のドン・故輿石東幹事長に命じて犯罪者の中国人船長を特別機で中国に送り返してしまった。
中国は船長を大歓迎して英雄に祭り立てたが、その後は消息不明だ。
おそらくスパイとしてはあまりにも有名になり過ぎて使い物にならなくなり、中国政府に切られたのだろう。

閑話休題(それはさておき)

デモの鎮圧でもあるまいし、放水で違反船を退去させようとは甘すぎる。
だから舐められる。
警告射撃で退去しなければ危害射撃で対応すべきだ。

海保の増員と監視艇の補強増設も必要だ。
海上自衛隊も出せと言うぐらいの気概が欲しい。
それが出来ないから中韓北露に舐められるのだ。
それもこれも自衛隊の活動が憲法で雁字搦めになっているからだ。

【追記】
FNNプライムニュース(2019/10/21)
山田吉彦「【沈没映像公開】「おおくに」操船は民間人、国境警備の最前線は海上保安庁があたるべきだ。北朝鮮のプロパガンダに振り回されるな


この船は、北朝鮮不法操業船団の母船だったようだ。老朽船であるが、他の北朝鮮漁船には見られない新しいレーダーが搭載されていたのである。沈没船は、レーダーにより取締船が単独で動いていたことを察知していた。敢えて取締船に近づき挑発するような動きをしたことになる。

取締船おおくには、水産庁が民間から傭船し取締活動に当たっていた。操船していたのは、民間人である。国境の最前線の警備を民間人が行うのは危険だ。海保には、さらなる負担を課すことになるが、最前線に立つのは海保巡視船に委ねるべきと考える

山田教授の指摘はいつも正論である。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:51  |  -北朝鮮  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |