FC2ブログ

2019.10.19 (Sat)


文在寅大統領の支持率30%台に


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


韓国と仲直りしたい朝日新聞

どうでもいいとは言うものの、タマネギ男ことチョグク法相を辞任させた文在寅大統領の支持率は上ったと17日、韓国のメディアは報じた。
法相の辞任が最大の要因だという。
下がる筈なのにどうもよく分からない。

ワウ!コリア(2019/10/17)
文大統領支持率が45.5%に回復 法相辞任が影響


【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社、リアルメーターが17日に発表した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前週に比べ4.1ポイント上がった45.5%となり、2週連続の下落から上昇に転じた。不支持率は4.5ポイント下落の51.6%だった。
 調査は交通放送tbsの依頼を受け、14-15日に全国の成人1503人を対象に実施された。
リアルメーターは文大統領の支持率上昇について「かなり弾力的な回復傾向を示している」とし、チョ国(チョ・グク)前法務部長官の辞任が最大の要因だと分析した。
(以下略)

韓国のデモは文大統領支持派より反対派の方が大きかったとメディアは報じていた。
またチョグクの辞任を求める声の方が、支持する声より多かったと。
18日には韓国ギャラップの世論調査では初めて30%台に下落したと報じた。

一日でそんなに変わるのか。
調査会社が違うとは云うものの、所詮、世論調査とはその程度のものだ。

ワウ!コリア(2019/10/18)
文大統領の支持率30%台に下落 「一喜一憂しない」=、韓国大統領府


【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は18日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が韓国ギャラップの調査で就任後初めて30%台を記録するなど下落傾向を見せていることに関し、「一喜一憂せず、できることに最善を尽くす」との立場を示した。
 韓国ギャラップが15-17日に全国の有権者1004人を対象に調査し、18日に発表した文大統領の支持率は39%で、前週に比べ4ポイント下落した。
(以下略)

文大統領には国民の支持を得るためにさらに反日に励んでもらいたい。

しかし日本では左巻き朝日新聞の「論座」がチョグク辞任で日韓に「潮目の変化」が出て来たと歓迎している。
抜粋すると・・・

論座(2019/10/18)
日韓に生まれ始めた「潮目の変化」
李首相訪日で日韓首脳会談開催への道が開けるか
牧野愛博 朝日新聞編集委員(朝鮮半島・日米関係担当)


 「最悪の状態に陥っていた日韓関係に変化の兆しが出てきた。契機は文在寅韓国大統領の側近だった曺国法相の辞任と政策の行き詰まりだ。
なぜ潮目が変わり始めたかと題して文在寅大統領が台風19号の被害を受けた日本の安倍首相に「入ろうと哀悼の電報を送った」からだという。」


安倍首相が電報1本くらいで対韓政策が変わるものか。

「日韓メディアによれば、文氏は、22日の天皇即位式に出席するために訪日する李洛淵首相に安倍氏に対する親書を託すという。朝鮮日報は、李氏が安倍氏と会談する際、11月の日韓首脳会談開催を打診する可能性があるとも報じた。日韓関係筋の1人は『どのような展開になるのか、予測が難しいが、文政権の対日政策に変化の兆しが出てきたことは間違いない』と語る。」

甘い甘い。
そんな事をすれば反日を生き甲斐とする岩盤支持層に見捨てられ、失脚、投獄が待っているから罷り間違っても日本に秋波は送れない。

「24日に予定される安倍晋三首相と李洛淵首相の会談は15分程度となる見通しだ。
 極めて短時間の会談のため、懸案を解決する展開にはなりそうもないが、親書に盛り込まれた文在寅氏のメッセージ次第では、日韓首脳会談開催への道が開ける可能性がある。」


僅15分間でここまでこじれた日韓関係が修復するはずがない。
親書を受け取った安倍首相は「ハイご苦労様」と言うだけである。

「問題は政治判断であって、政策判断ではない。合理的・論理的な展開になるとは限らない。
これから年末にかけ、日韓関係の改善に更なる進展があることを祈りたい。」


合理的・論理的には無理でも情緒的に仲良くしようと朝日新聞。
いままでそれに何回騙されて来たことか。

「日韓で生まれ始めた『潮目の変化』」というタイトルは間違いである。
安倍首相の姿勢は首尾一貫して韓国に「国際法を守れ」と要求している。
韓国側は日本の厳しい姿勢に悲鳴を上げて摺り寄って来ているだけだ。
GSOMIAの破棄を撤回してあげるから、その見返りに日本の輸出管理の強化を緩めて欲しいとか言っているらしいが、二つの問題に関係は一切無い。
故にこの取引は成立しない。

GSOMIAを破棄して困るのは日本ではなくて韓国である。
北朝鮮の最近のミサイル発射情報をオセーテオセーテと日本に哀願して来たのは韓国である。
日本は知らぬ顔の半兵衛だ。
伊藤俊幸元海将もGSOMIAは日韓の軍事情報交換の協定ではなく、秘密情報を他国に漏洩しないためのものだと言っている。

日韓の損得感情から言えば、韓国が日本とのGSOMIAを破棄しても一向に痛くも痒くもない。

「朝日新聞の主張と真逆の事をすればいい」

という永遠の真理が再び証明されることになるだろう。

<日韓の比較は止めませう>

韓国では日本商品ボイコット、日本へ観光旅行自粛運動が盛んだが、日本は特定の地域を除いて観光客は増加する一方だという。

国土交通省環境庁は「日本ボイコット」という言葉を避けて「最近の日韓情勢もあり・・・」と言葉を濁した。

「2019年1-9月期の訪日外国人旅行消費額は3兆6,189億円(過去最高額)

「韓国経済が低迷していることもあり、訪日者数の前年同月比は大幅に減少した」


と韓国経済低迷のせいにした(笑)。
みなさまのNHKは韓国人観光客の減少を報じているが、後半では「韓国人旅行者減少も旅行収支は黒字」と付け足している。

NHK(2019/10/16)
9月の韓国人旅行者58%減少 日韓関係悪化の観光影響が鮮明に


このタイトルでは、「金を落とさない韓国客は来なくて結構」という事実が隠されている。

後半で・・・

「日本から比較的近い韓国からの旅行者は、滞在日数が少なく、何度も訪れるリピーターも多いため、ほかの国と比べて支出額は少ない傾向になっているということです。」

と韓国をフォロー。

しかし韓国では8月の時点で・・・

「韓国人の日本旅行が80%まで減少すると、来年の日本の経済成長率が0.1%ポイント下落するという調査結果が出た。
現代経済研究院は8月13日、『韓日旅行絶壁の経済的被害と示唆点』という報告書で、韓国人の日本旅行が急減した場合、日本の観光産業、生産、雇用に悪影響を与える可能性があるとした。」


「韓国人による日本旅行が1998年当時の水準まで減少し、その状況が来年まで続けば、2020年の日本の経済成長率は0.1%ポイント下落するというわけだ。
特に旅行者が減れば、日本の観光産業だけでなく、生産、付加価値、雇用に直接・間接的な打撃を与えると見た。産業連関表をもとに分析した結果、来年度の日本の生産は8846億円、付加価値は4558億円減り、雇用は9万5785人減少するとされた。」(スポーツソウル)

他国の経済成長率まで心配してくれてありがとう。
しかし、今日になって「スポーツソウル」は方向修正。

スポーツソウル(2019/10/19)
韓国人観光客は“半減”も日本の旅行収支は過去最高…日韓観光客の「意外な共通点」とは


そもそも8月の訪日外国人観光客が減ったのは、韓国の影響が大きい。
韓国では日韓関係の悪化で「日本不買運動」が拡大し、「日本旅行ボイコット」も起きた。その影響を受ける韓国航空会社も少なくないほどだ。


韓国のLCCこそ破産寸前だろうに。

その結果、8月に日本を訪れた韓国人観光客数は30万9000人と、前年同月比48%減に。文字通り、半数になったわけだ。

(中略)

にもかかわらず、今回発表された「旅行収支」では8月の過去最高黒字となっているため、韓国人観光客が日本でお金をあまり使っていないということがわかる。

そんな事は過去の統計で分かっている。

(中略)

そして最後は、日本人旅行者も滞在日数が少ないから韓国に落とす金は少ない。
お互い様だと書いていた。

日韓両国はもう互いに比較したりすることは止めて「サラバ」と言おう。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

18:18  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |