FC2ブログ

2019.09.22 (Sun)


対馬に「韓国残虐記念館」を


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「韓国という病」のご紹介

200190921003(1).jpg

20190921001(1).jpg

花田紀凱編集長は実にショーバイが上手い。
日韓問題がメディアを賑わす中、「Hanada」の過去記事も所々に再録して「韓国という病」を発刊した。
書名も門田隆将著「新聞という病」をもじって「韓国という病」。
去年は「反日という病」「リベラルという病」という本も出版された。
そのうち「朝日新聞という病」が出てきてもおかしくない。
いやもう出ているかもしれない。

いずれにしても本誌は日本の偏向メディアに騙されず日韓問題を正しく理解する上で役立つ特集号である。

「朝日新聞は文在寅の共犯だ」(櫻井よしこ、西岡 力、ホンヒョン)

櫻井よしこ氏主宰「言論テレビ」(8月16日)の内容を再構成したもの。
YouTubeにはまだアップされていない。

西岡氏は精力的に韓国で取材し、反安倍デモの倍にあたる(別にシャレているわけではない)反文在寅デモを日本のメディア(勿論韓国メディアも)スルーしていると批判。(フジテレビの日曜報道番組は取り上げていた)

このデモの主張は・・・

●文在寅政権の反日は問題
●文在寅政権の従北路線に反対
●日本とアメリカは我々の味方だ


「日本は我々の味方だと言った時、野次はひとつもなく、参加者全員が大声で唱和していた」

という信じ難い情景を報告していた。

ホンヒョン(元駐日韓国大使)
「私から言わせれば日本のメディアも『文在寅の共犯』ですよ、特に朝日新聞
産経新聞以外には無視されましたから」


櫻井氏は光復節の文在寅の演説は「腹の底からの反日勢力であり反韓国だ」として読売・産経・朝日の翌日の見出しを比較し、朝日新聞が「異例の演説 文氏の苦心」と文在寅に寄り添うような書き方だったと批判した。

この演説で文在寅は日支事変、大東亜戦争(本文では日中戦争、太平洋戦争と表記されている)まで触れているのに朝鮮戦争には触れなかったと批判。
朝鮮戦争の方が直近であり、朝鮮人の血が一番流れたのに。

櫻井氏は和田春樹東大名誉教授らの「韓国は敵なのか」運動を徹底的に批判。

櫻井
「しかしいまの安倍政権は、アメリカとの同盟を強化し、中国、北朝鮮に毅然と対応していく方針にブレはありません。和田氏らのような『不愉快な人々』は、歴史の中に消えていくでしょう」


と結んだ。

朝日新聞不買運動を続ければいつ潰れるかをシミュレーションした上念司氏が韓国経済の断末魔を図入りで解説した「韓国経済は生き地獄」も一読の価値あり。

「日本が韓国をホワイト国から除外する方針を示して以降(中略)韓国経済はストッパーがはずれた状態になっている」

アジア通貨危機の再来となっても日本は助けないし、「チャイナも助けない」そうだ。

「資金的な余裕のないチャイナが、属国である韓国のことなど構っている暇はない」

そして最後は文・チヨグク等のチュチェ思想派の高笑いということになる。

「日本国内にも、ひそかにチュチェ思想派と通じた裏切り者が多数潜伏している」

クワバラ クワバラ!

「危険な地方都市の韓国依存」(八幡 和郎)

メディアは8月の韓国から対馬への観光客が前年比で半減した、地方都市がタイヘンだと大騒ぎしている。
しかし、八幡氏は「政府は対馬や別府に緊急融資で助成せよ」とする一方・・・

「九州には『大陸への玄関口』と『脅威に備える最前線』という二つの顔があるが、後者を封印して、韓国から来る観光客のご機嫌取りをしているようだ」

と厳しい。
過去の歴史を紐解き、元寇にも触れた上で・・・

「その残虐行為を伝える記念館のようなものを開設し、日本の修学旅行生などを誘致すべきだ。韓国に媚びる歴史だけを売っているのでは、日本人が来るわけない。」

大賛成だ。日本の若者は日本の真実の歴史を学べ。
何も知らない修学旅行生を韓国に連れて行き、慰安婦に土下座させるなどということは二度とあってはならない。

「『日本は存在感を高めよ』米高官たちが語った本音と警鐘」(河井克行 自民党総裁特別外交補佐官(当時) 現法相)

本誌によれば、河井氏は安倍首相の "密使" として首脳外交の下支えを行っていたそうだ。
かつてのトランプ大統領の右腕スティーブ・バノン氏らアメリカの要人等との会合の様子を公開。
文在寅のGSOMIA破棄は会談した全ての要人が「心底憤り」を示し、なかには「背後に中国の命令?」とする意見も多数出たという。
しかし民主党や一部メディアなど韓国非難一色ではないという。

河井氏はGSOMIAの一方的な破棄は・・・

「半島全域が中国陣営に加わる、文字通りの『嚆矢』だった、と後世評せされる事案かもしれない」

・・・とし、38度線が対馬海峡に降りてくると警鐘を鳴らしている。

「克服すべき韓国のトラウマ」(松川るい参議院議員)

松川議員は過去記事でも取り上げた自民党期待の星。
知らなかったが、7月末に外国人特派員協会で韓国を代表する反日の李泳采(イヨンチェ)教授と論争して「火中の栗を拾う思いだったがやって良かった」という。
シンガポールその他の外国紙で日本主張が反映されたからだと。
日本の取るべき道を冷静に説いている。

「日本は国際場裏における世論戦、そして韓国国内に対する世論戦も積極的に展開しなくてはいけない。韓国はなりふり構わず、事実を棚に上げての世論戦を繰り広げているのですから。
 世界の人々は、日韓関係の詳細など知りません。さほど関心もありません。韓国の主張に根拠がなくとも、韓国がそこまで騒ぐなら根拠があるのだろうと思うのです。」


しかしながら韓国など相手ではないとして・・・

 「ただし、日本の限られた外交リソースを韓国にあまりつぎ込むのは得策ではありません。韓国との関係には、良くなろうが悪くなろうが歩留まりがあります。中長期的な日本にとっての最大の課題は、米中冷戦のなかで、中国との関係をいかにマネージしていくかだからです。」

松川議員の今後の活躍に期待したい。

「経済制裁、是か非か 韓国大討論」(百田尚樹、武藤正敏対談)

韓国に一定の理解を示すクールな武藤正敏(元駐韓大使)と断韓を主張する百田尚樹(作家)との激論が面白い。
南北が統一したら真っ先に粛清されるのが文在寅だと武藤氏。
それとも気付かず愚かな文在寅は金正恩に秋波を送っている。

なおこの対談は今年4月号のものだから、その後の日韓関係の悪化を見ても百田氏に軍配を上げたい。
なお、百田氏は自著「今こそ韓国にあやまろう そして『さらば』と言おう」をさりげなく何度も宣伝していた。

元台湾人の金美齢氏の「台湾人はなぜ嫌韓なのか」、渡辺利夫(拓殖大学前総長)の福沢諭吉の脱亜論に至る過程の解説も一読に値する。

なお、最後の「日韓関係読む年表」は過去の日韓の歴史を俯瞰する上で役に立つ。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:01  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |