FC2ブログ

2019.09.02 (Mon)


声明文「韓国は敵なのか」を読んでみた


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

昨日の記事で取り上げた和田春樹以下の媚韓反日センセイ達の声明文を読んでみた。
彼等が如何に間違った歴史認識を持つ韓国迎合(反日)の集団であるかが分かる。

【声明文】「韓国は敵なのか」

はじめに
 私たちは、7月初め、日本政府が表明した、韓国に対する輸出規制に反対し、即時撤回を求めるものです。半導体製造が韓国経済にとってもつ重要な意義を思えば、この措置が韓国経済に致命的な打撃をあたえかねない、敵対的な行為であることは明らかです。


まず「敵対的行為」ではないし、「輸出規制」という用語も間違っている。
「輸出管理の適正化」だ。
その証拠に、発表後、経産省はフッ化水素など2品目のサムスン電子への輸出を許可している。

韓国に輸出された戦略物資の素材3品目が化学兵器などに利用される懸念があるから話し合おうという日本政府の要請に対し、韓国は3年間も無視した。
問題になってから、30%の行方不明の中に韓国が中国、北朝鮮、イランなどに横流しした記録が見つかった。
放っておけば管理不十分として日本が世界の批判を浴びる怖れもあった。
だから輸出管理を適正化し、韓国を優待国から普通の国に戻しただけの話である。

(中略)

特別な歴史的過去をもつ日本と韓国の場合は、対立するにしても、特別慎重な配慮が必要になります。

いままで日本政府は韓国に配慮しすぎて甘やかしてしまった。韓国の国民性もあるだろうが。

かつて日本がこの国を侵略し、植民地支配をした歴史があるからです。
日本の圧力に「屈した」と見られれば、いかなる政権も、国民から見放されます。


日本の圧力という理屈でいつまでも日本を敵とみなしているのは韓国側ということが判明。
語るに落ちた。
日本に屈するなという国民性は近代国家の中で異常である。
だから韓国の政権はいつも日本を挑発しているのだ。

(中略)

日本経済にも大きなマイナスになるものです。しかも来年は「東京オリンピック・パラリンピックの年です。普通なら、周辺でごたごたが起きて欲しくないと考えるのが主催国でしょう。それが、主催国自身が周辺と摩擦を引き起こしてどうするのでしょうか。
 今回の措置で、両国関係はこじれるだけで、日本にとって得るものはまったくないという結果となるでしょう。問題の解決は、感情的でなく、冷静で合理的な対話以外にありえないのです。


感情的になっているのは日本ではなくて韓国である。
東京五輪に政治を持ち込んでいるのも韓国である。
五輪メダルが旭日旗に似ていると難癖をつけているのも韓国である。

(中略)

20190903001.jpg

六月末の大阪でのG20の会議のさいには、出席した各国首脳と個別会談したのに、韓国の文在寅大統領だけは完全に無視し、立ち話さえもしなかったのです。その上でのこのたびの措置なのです。
これでは、まるで韓国を「敵」のように扱う措置になっていますが、とんでもない誤りです。韓国は自由と民主主義を基調とし、東アジアの平和と繁栄をともに築いていく大切な隣人です。


文在寅がやっと出して来た提案は日韓の共同出資でいわゆる徴用工を救済する「財団」を作ろうというものだった。
2015年12月末の慰安婦問題に関する日韓外相会議で、「最終的かつ不可逆的に」合意した内容は日本の10億円の供与による財団の設立だったが、韓国はその金を一部の自称慰安婦に渡したもののネコババし、昨年、文在寅は日本に相談もなく一方的に財団を解散させてしまった。
その文がまた「徴用工」についても財団を作ろうと提案してきたのである。
どの口借りていうのかというのが日本の正直な思いである。
日本政府はG20開催の期限までにいわゆる徴用工問題に関する仲裁委員会の協議開催について返事を待っていたが、持って来なかった。
だから冷遇したのである。

文在寅こそ日本を忌避し、GSOMIAを破棄し、「自由と民主主義を基調としない」金正恩の懐に飛び込もうとしているのだ。

2、日韓は未来志向のパートナー  (略)

3、日韓条約、請求権協定で問題は解決していない

韓国側の解釈では、併合条約は本来無効であり、日本の植民地支配は韓国の同意に基づくものではなく、韓国問に強制されたものであったり・・・


日韓基本条約、日韓請求権協定などの国家間の協定を破る韓国側に全責任がある。

思い出されるのは、安倍晋三総理が、本年初めの国会での施政方針演説で、(中略)日韓関係について一言も触れなかったことです。まるで韓国を「相手にせず」という姿勢を誇示したようにみえました。

(「構って頂戴症候群」であり、その理由や原因について、このアジビラは言及していない)

(中略)

文在寅は29日の閣僚会議で・・・

20190902000.jpg

「日本は正直になるべきだ。一度反省を口にしたから終わったとか、一度合意したから全て過ぎ去ったと終わらせることができる問題ではない」

と妄言を吐いた。
これでは国家間の約束(合意)など無意味である。
すなわち文在寅を相手にしていても時間の無駄である。

おわりに
 私たちは、日本政府が韓国に対する輸出規制をただちに撤回し、韓国政府との間で、冷静な対話・議論を開始することを求めるものです。
 いまや1998年の「日韓パートナーシップ宜言」がひらいた口韓の文化交流、市民交流は途方もない規模で展開しています。BTS(防弾少年団)など、K-POPの人気は圧倒的です。テレビの取材にこたえて、「(日本の)女子高生は韓国で生きている」と公然と語っています。300万人が日本から韓国へ旅行して、700万人が韓国から日本を訪問しています。ネトウヨやヘイトスピーチ派がどんなに叫ぼうと、日本と韓国は大切な隣国同士であり、韓国と日本を切り離すことはできないのです。
 安倍首相は、日本国民と韓国国民の仲を裂き、両国民を対立反目させるようなことはやめてください。意見が違えば、手を握ったまま、討論をつづければいいではないですか。(2019年7月25日)


「ネトウヨやヘイトスピーチ派」に限らず、普通の国民が韓国にほとほと嫌気がさしている。
文在寅が日本と(そしてアメリカとも)手を切ろうとしているのに、日本が「手を握ったまま」では相手に失礼である。
日本は非韓三原則で行く。
それにしても、日本の女子高生は「韓国で生きている」とは随分馬鹿にされたものだ。

日本とのGSOMIAを破棄した文在寅に対してアメリカの高官達は異例とも言える厳しい言葉で批判した。

トランプ大統領に至っては、G7の会議の席上、「韓国の態度はひどい」「賢くない」「彼らは金正恩委員長に、なめられている」と批判し、文在寅個人を「信用できない人物だ」と批判した。

その時「そうだ、そうだ」と相槌を打たなかった安倍首相はクレーバーだった。

20190814005.jpg

この声明文を起草した和田春樹以下のメンバーはトランプ大統領にも「韓国を苛めるな!」と抗議文を送ったらどうだ。
どうせそんな勇気もあるまいに。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

18:51  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |